恋愛&結婚 【セカンド女子】「いつでも連絡が取れる=都合のいい女」の法則。枕元にスマホを置いてまで待つ女は末期状態です~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、関西にある企業でテレアポとして働いている久美さん(仮名・37歳)。先月までは別の会社で正社員として働いていたようですが、現在はコロナ禍で休職中であり、前職で勤めていた会社でアルバイトをさせてもらって何とか食いつないでいる状態なのだとか。ややぽっちゃりとしていて、優しそうな雰囲気のある女性です。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は奈良県で、両親と3歳上に姉のいる4人家族です。父親はサラリーマン、母親は専業主婦という家庭で家族仲も良好。父親は家ではもの静かなタイプなのに、反対に母親は社交性溢れるタイプで、家には母親の知り合いだという人がたくさん遊びに来ていました。家は当時よくあるような普通の一軒家でご近所づきあいも盛んなところで、私の家がたまり場になっていたのかいつも近所のおばちゃんとかがいましたね。小さい頃からそんな環境だったから、姉も私も友人を家によく呼んでいました。いつも誰かがいるような、大家族みたいな感じでしたよ」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に同じ学校の、同い年の子と付き合いました。姉が、私が中学生の時から彼氏をよく家に呼んでいたので、私も普通に彼氏と家で遊んでいました。そこも母親はすごくオープンで、父親は何も文句を言わない人でしたね。自分自身も普通のことだと思っていましたけど、当時は学校で『あのカップルは家で遊んでいるらしい』とか潔癖そうな女子たちからは敬遠されていました。噂していたのはおとなしそうな女子ばかりだったから、いじめられることはなかったんですけどね」

高校、大学時は彼氏が何度も変わることがあったとか。

「今振り返ると、一番のモテキでした(苦笑)。でも、きっと軽かったんだと思います。少しでもいいと思ったり、好意を相手から感じたら友人などの協力を得て、告白してもらえるように仕向けたりよくしていましたね。昔も今も、恋愛は告白したほうが弱者だと思い込んでいたところがあったから(苦笑)。そして、振られそうな雰囲気を感じると自分から連絡を絶ったり、別れることもありました。高校、大学の時は最長でも半年続かなかったです。でも周りもそんな感じで、何年も続いている子を見ると不思議な感情さえ芽生えていました」

ルックスはいいのに自分に自信のない束縛男

1 2