恋愛&結婚 【セカンド女子】私物チェックで12年がパー。コロナ禍で持ち帰った会社パソコンさえ見なければ…~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪府内にある歯科医で受付のアルバイトをしている美穂さん(仮名・32歳)。黒髪のワンレンボブに無地のビックサイズのパーカーにデニムを合わせていて、シンプルな服装ながらパッチリとした目が印象的でかわいらしい雰囲気があります。身長も150センチちょっとと小柄で男性受けしそうに見えますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は岡山県で、両親と5歳上に兄、3歳下に弟のいる5人家族です。実家はすごく田舎にあって、近所でキャンプできる場所がたくさんある、自然豊かなところで育ちました。父親は体育会系で亭主関白、おまけに兄や弟も活発だったこともあって、私も男勝りでしたね。常にどこかをケガしているような感じでした(苦笑)。父親は私にも『強くなれ!』みたいな育て方で、勉強のほうは関心がなかった。とりあえずお望み通り、力強くは育ったかな」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校の時に、中学から一緒の男の子に告白されて付き合いました。その子は中学時代の友人がずっと好きな人だったんですけど、その女の子と高校が別々になったからいいかなって。でも、田舎はすぐに付き合ったという噂が回って、高校時代は同じ中学の子たちから無視され続けましたね。その子たちとは、私は短大で関西に出たんですが、帰省で戻った時には普通になっていましたけど……。彼とは一緒に上阪して、短大2年の途中まで付き合っていました。別れたきっかけは、私に別の好きな人ができてしまって」

別れるきっかけとなった男性は、アルバイト先で知り合った1歳年上の大学生でした。アルバイトを始めた直後からその男性のアピールを受け続け、ほだされた感じだったとか。バイト先の彼は人気者だったと言います。

「彼は大阪出身の地元の人で、すごい口が立つというか、面白くて目立ちたがりで、常に周りには男女関係なく人で溢れているような人気者でした。彼がバイト後に飲みに行きたいと言えば、複数人が付いてくるような感じ。私のことは、後々の彼曰く『一目惚れ』だったそうで、最初から遊びに誘われたり、容姿を褒められたりしていました。それが半年ほど続き、ほだされた感じですかね。当初は前の彼氏と被っていたんですが、2か月ほどでバイト先の彼1本に絞りました」

来るもの拒まずの彼が私にだけ本気になってくれた

1 2