恋愛&結婚 【セカンド女子】気づいたときには地域妻に。仕事のできる男ほど息をするように自然に浮気する~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるデザイン会社でデザイナー兼営業スタッフとして働いている文乃さん(仮名・37歳)。元々はデザイナーで入社したそうですが、人当たりの良さから働きながら営業の仕事を新しく覚え、今では営業も1人でこなすキャリアウーマンです。終始ニコニコと笑顔を絶やさない人当たりの良さはもちろん、大きな瞳や色白できめ細かい肌など美人要素もあります。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪府で、両親と4歳上に兄がいる4人家族です。大阪といっても田舎のほうなので、周りは親戚に囲まれているようなところで隣は伯母の家、向かいに祖父母の家がありました。私の父親が5人兄弟の1番下で、母親は父より7つ下で一人っ子だったので、従兄弟も全員年上ばかり。だからなのか、小さい頃から自然と年上の人と一緒にいるほうが楽でしたね。中学生の頃はテニス部に入っていたんですが、いつも先輩たちと過ごしていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生のときにクラスメートの男の子に告白されて付き合いました。私は中学ではずっと学校の先生が好きで、卒業してからも暑中見舞いや年賀状くらいですがやりとりを続けていたんです。高校になっても先生はサッカー部の顧問だったので放課後にこっそり見に行っていたりと未練タラタラで。まぁその恋は先生からの年賀状に書かれた結婚の報告で終わったんですけどね……。その子には失恋したタイミングで告白されて、まぁいいかなって。でも好きじゃなかったからベタベタされるのが気持ち悪くなってしまってすぐに別れました。それからその子には卒業まで何度も告白を受け続けて、学年ではあいつが好きな女の子といった嫌な目立ち方をしていましたね」

高校卒業後は短大に入り、彼氏はできるものの長続きせず。文乃さん自身もそこまで彼氏が欲しくなかったと言います。

「高望みなんですかね、最初は良いかもと思って付き合うのに、どんどん相手の嫌なところばかり目についてしまって、ちゃんと好きになる前に会うための努力が面倒になっていくんです。自分にだって嫌なところはあるのに棚に上げて。好きになってもらう過程ってどこか無理してかわいく見せたいとかあるじゃないですか。私にはその無理がしんどくて、そこまでして一緒にいなくちゃいけないかなって思ってしまうんですよね」

長いフリーターから救ってくれた敏腕社長

1 2