恋愛&結婚 【セカンド女子】彼の浮気を2度許した女性が最後に見たものは?「浮気男は許されたパターンを繰り返す」~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪にあるドラッグストアで登録販売員の資格を活かして働いている智香さん(仮名・33歳)。コロナ禍で、一時は人間不信になるほど日々マスクの在庫を聞かれる日々に鬱々としていたそうですが、今は通常の勤務に戻りつつあるそう。意思が強そうな少し吊り上がった瞳が印象的で、ハキハキ話すところからもサバサバしている印象を受けます。彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪府で、両親との3人家族です。母親は何度も流産を繰り返していて、私がやっと授かった子どもみたいで溺愛されて育ちました。父親も昔の記憶では優しかった印象なのですが、いつからか仕事から帰るとずっとお酒を飲んで、誰とも話すことがないまま寝落ちするみたいな人で、あまり交流はなくて……。暴力を振るうとかはなかったんですが、アルコール依存っぽくて、私は少し怖かったです。父親は私が学生の頃に病気で亡くなっています。それからはずっと、母親と2人暮らしをしています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の頃に、別の大学のテニスサークルに入って知り合った1つ上の先輩と付き合いました。私は女子大だったので、周囲にある大学との合同サークルが盛んだったんです。別にテニスが好きだったわけでもなく、誘われるがままに参加して、何度かみんなで遊んでいくうちにその人とはいい雰囲気になって。8か月ほど付き合ったんですが、なんとなく親には言えなくて、2人で会う時間を作るのには苦労しました。大学時代は門限が20時だったし、アルバイトも禁止だったので、会う時間が本当に限られていたんですよ。最後は20時以降に別の女性と浮気をしていることがわかって、別れました。自分に触れていた手が他の女も触っていたことが気持ち悪くて、一瞬で嫌いになれましたね」

その後は飲食店を複数運営する企業に就職。そこでホールスタッフとして働き始めます。そして、同じ店で働く3歳上の男性と親しくなり、付き合うことになります。

「彼は同じく社員の方で調理スタッフとして働いていました。お店には社員2人と店長の3人体制で他はアルバイトやパートさん、平日は5~7人、週末は10人ぐらいでお店を回していたのかな。お店は暇なときは社員だけで最後の作業をすることも多くて、仲良くなったのは自然の流れでしたね。店長はおじさんだったし、同世代で同じ環境の人は彼だけでしたから。彼は車で会社に来ていたので、よく送ってもらっていました。車でキスなどをしてしまい、そこから付き合おうという言葉はなかったけれど、常に一緒にいるようになりました」

職場で2人の関係を内緒にしていたことがアダに……

1 2