恋愛&結婚 【セカンド女子】奥さんの第二子里帰り出産中に不倫関係に。でも不倫の2人目は許せない!~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある建設関係の管理、修繕を行っている企業で働いている友里さん(仮名・33歳)。黒髪にナチュラルメイク、背が低く少しぽっちゃりした体型など、男ウケしそうな雰囲気を感じる女性です。出身は新潟県で、両親と2歳上に姉、3歳下に弟のいる5人家族。男尊女卑の父親の影響があるのか、初めて付き合った彼との関係を信じられず、試すなどの行動により破局。その後も情に縛られて付き合っていないものの男女関係が続きます。相手に本命彼女が現れたことで会えなくなると、そこから恋愛休止期間に。勤め先では男女の友情だけを育んでいたそうですが……。

「2年間ぐらいは私の女友だちを含めた女2対男1の3人で飲みに行っていたんですが、奥さんが里帰り出産中だという既婚者の男性がグループに加わってきました。彼からは下心なんて一切感じず、いい人だったので友だちとして仲良くしていけると思っていました」

グループ飲みは独身男性の家での宅飲みも行われていたとか。しかし健全なもので、朝まで雑魚寝しても何も起こらず。そんな中であるショックな出来事があり、友里さんから誘ってしまったと言います。

「独身の友人じゃなくなぜ既婚者の彼を誘ってしまったのかはわかりませんが、本能的に選んでしまっていたのかも。きっかけは元カレの結婚です。同じ大学で共通の知り合いがいたせいで、結婚式に呼ばれてしまって。もうすっかり平気だと思っていたのに、目の前で幸せそうな2人を見たら思いのほかダメージが大きかったんです。

ショックで二次会に参加できずに、そのまま男友だちの家にお邪魔しました。そのまま2人で飲んでも良かったけど、既婚の彼に慰めてもらいたかったのか自然に電話してしまっていて。そして3人で飲んでいてお開きになった後に2人で飲みたいと、私の家に誘いました。その後は帰ってほしくなくて彼にくっついていたら自然とそんなムードになって……。朝起きて隣に彼が寝ていたときはすごく後悔しました」

早朝に帰っていった彼の態度は普通。そして会社での彼の態度も普通。しかし彼の気持ちはすっかり恋愛モードに入っていたとか。

「普通に『夜会える?』とメールが来ました。最初はこの秘密を黙っていようという口裏合わせか何かだと思い、了承。しかし会ったときの彼は甘々でびっくりするくらい私を女性扱いするんです。私たちの関係についてなかったことにしようと思っていたのに、彼からは『できる限り大切にする』とか言われてしまい。食事の後も当然のように私の家に来ようとしました」

再び情に流されて、ダメな相手と恋愛関係に

1 2