恋愛&結婚 【セカンド女子】2年間も2股に気づけず、次の彼氏は断捨離と称して……。働かなかった女の勘~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある商社で派遣スタッフとして働いている一美さん(仮名・35歳)。受注業務を担当しており、在庫の管理なども含まれているために今も出勤を続けているそう。黒目がちな瞳にキレイなモチ肌の持ち主で、若い頃は美容院のカットモデルをしていたという美人であり、年齢よりも若く見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は広島県で、両親と6歳上、2歳上に姉がいる5人家族です。私の家は女4対男1の構図だったこともあり、父親の立場が低かったです。父親自身も穏やかな人で、怒られたことは2回ほどしか覚えていません。真ん中の姉が少し悪かった時期があって、そのときに父親が怒って手を出したこともあったみたいですが、私には全然。母親は私が小さい頃からずっと働いていて、いつも忙しくしていた感じであまり構ってもらった記憶もありません。私は学校などで嫌なことがあったときは、一番上の姉に話をよく聞いてもらっていましたね。真ん中とは大人になってから仲良くなり、今は姉2人とも嫁いでいるんですが、お正月になると子どもを旦那に預けて、姉妹3人だけで朝まで飲みに行くこともあるほど仲良しです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生のときに同級生から告白を受けて付き合いました。彼とはずっと仲が良くて、私も昔から好きだったのでとても嬉しかったですね。彼とはそのまま高校も一緒で、高校では公認カップルみたいになっていました。お互いの親にも公認の仲になって、よくどっちかの家で晩御飯を食べたり、家族のお出かけについて行ったりもしました。彼は私の姉とも仲良くなっていたし、私も彼には妹がいたんですが、服の貸し借りをするほど仲良しでしたから」

高校を卒業後は一緒に大阪の大学と短大へ進学。一緒に暮らしてはいなかったものの常に彼の家に入り浸っていたと言います。しかし、一美さんの心変わりにより、親元を離れて1年も経たずに別れることになります。

「大阪にはすでに真ん中の姉が1人暮らしをしていて、私は親から決められて姉と一緒に暮らすことになりました。でも実際は、当時姉とは仲良くなくて私が帰って来ないほうが嬉しかったみたいで、彼の家に入り浸っていました。このまま結婚するのかなって思っていたほど2人暮らしもしっくり来ていたんです。でも、私がアルバイト先で知り合った男性のことが好きになってしまって、彼も私のことが好きだと言ってくれて。正直なところ1か月ぐらいはカブっていた時期を経て、バイト先の人と付き合いました」

彼の家は仲間のたまり場だった

1 2