恋愛&結婚 【セカンド女子】年齢コンプレックスがバツイチになったら消えた。“誰かに選ばれたことがある勲章”が与えてくれたもの~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるアパレル企業で人事スタッフとして働いている直美さん(仮名・36歳)。現在は週に1~2度の本社出勤でその他はリモートでの面談や、ショップの巡回など外回りの仕事もこなしているそう。シースルーバングに少しだけ茶色い髪は毛先が柔らかく巻かれた状態で一つに束ねられおり、キレイな卵型の輪郭が見えます。派手過ぎない化粧に髪の毛に合わせられた眉の色など細部に気を遣っている様子がうかがえ、実年齢よりも若く見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と父方の祖父母との5人家族です。小さい頃は両親というよりも祖母がとても厳しくて家が大嫌いでした。孫は無条件にかわいい存在だと聞いたことがあるのに、私の家はまったくでした。祖母は気が強くて、母親に対しても私がいる前でも平気で『男の子が欲しかった』というような人で、一度も好きだったことはありません。

祖父や父は、子どものことは無視に近い状態で、そうなると私と母親は祖母に強くあたられている同士で仲良しと思うかもしれませんが、母親は祖母の言いなりで私のことを庇ってくれるような人じゃなくて。私は小学校から塾に通い、いい子と思われたまま、誰も文句が言えないようなところに就職して、家を出てやろうって小さい頃からずっと思っていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「ちゃんとした彼氏は社会人になってからです。でも、大学生のときには割り切った関係の人が何人かいました。中学のときから年に数人には告白されていて、高校のときまでは誰とも付き合いたいと思わなかったけど、苦しかった大学受験を経て、抑制されていたものが爆発しちゃって(苦笑)。かっこいい人だったらいいかなって。そんな軽い4年間を過ごしました。

社会人になって付き合った男性は、大学時代の友人です。大学時代から計3回も告白してきてくれて、私に好意がありつつも一切手を出してこなかったところが信用できるかなって。彼とは何度も付き合ったり別れたりを繰り返して、ちゃんと別れたのは27歳のときでした」

27歳のときの別れを、直美さんは「すぐにまた戻れると思っていた」と語ります。

「私が彼に対して気に食わないことがあるとすぐに別れると言ってしまうタイプで、いつもなら相手が謝ってくれて元通りに戻ったり、そのまま別れてしまっても、数日後には相手からのメールでいつも通り連絡を取るようになったりを繰り返していたんで、今回もそうだろうと思っていたんです。でも、相手からパタッと連絡が来なくなってしまって……。悲しいというよりもムカつきましたね」

自由な恋愛から、30代は年齢コンプレックスに侵食されていく

1 2