恋愛&結婚 【セカンド女子】約10年付き合ったダサ男が、あっという間に別の女性と結婚。もっといい男を探したい~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、関西にあるメーカー企業で事務の仕事をしている恵さん(仮名・33歳)。緊急事態宣言下ではフルリモートで仕事をしていたそうですが、現在は週の半分は出勤して仕事をしているそう。黒髪のセミロングにナチュラルメイク、キレイめカジュアルな服装を好んでいるようで、男性受けが良さそうに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は広島県で、両親と2歳上に姉、3歳下に弟がいる5人家族です。私の家は本当に田舎にあって、家も祖父母の代からの家だったのでボロボロ。隙間風がひどくて冬場は部屋の中にいるのに息が白くなることがありました。

両親の仲は良かったみたいですが、父親は厳しくて子どもとの関係は希薄なものでした。私たちが少しでも帰宅時間が遅いと母親はそれを父親にリークして、父親から鉄拳制裁があるような暴力で抑え込まれていましたから。私たちは大きくなるまでは恐怖でおとなしくしていただけです。私は他の姉弟よりも勉強ができたんで、あまり怒られずにはすんでいたんですけど、高校生までは一刻も早く地元を出たい気持ちでいっぱいでした」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校のときにクラスメートと付き合いました。彼は中学のときに両親の離婚で広島に引っ越してきた子で、少し目立っている存在だったから知っていたものの、仲良くなったのは高校生になってから。同じ高校に進学して、クラスが一緒になったことがきっかけで、相手から告白されて付き合いました。

当時はお互い初めての彼氏彼女だったから、今思うと些細なことでヤキモチを焼いたりして、月に1~2度は大きなケンカをしていましたね。でも、不思議とどちらからも別れようとはならなくて、そのままずっと一緒にいた感じです」

県内の別々の大学へ進学するも関係は継続。気づいたら大学生の4年間もずっと一緒にいたと言います。

「別れるきっかけがなかったんですよ。彼は大学は理工学部に進学して、何をしているのかはわからなかったけど学校が忙しそうでした。それに高校のときはそれなりに身なりを気にしていたのに、マイナーチェンジしてしまったというか、ダサくなりましたね。だから会えなくても浮気を疑うことはなかったし、私のほうも黙ってコンパに行ったことは何度もありましたけど、彼と別れてまで付き合いたいと思う男性は現れませんでした。

お互い別々の生活領域ができたからなのか、ケンカがなくなりました。知らないことばかりで怒る種も見つからないというか。本当に4年間は何も波がたたない、凪みたいな状態で、好きとかよりも情だった気がします」

遠距離で気持ちが復活

1 2