恋愛&結婚 【セカンド女子】約10年付き合ったダサ男が、あっという間に別の女性と結婚。もっといい男を探したい~その1~

恵さんは大学卒業後に今も勤める関西のメーカーに就職。一方の彼は大学院に進学して、遠距離がスタートします。2年間の交際費はすべて恵さんが出していたそう。

「大学院に入ってからより忙しくなった彼はアルバイトなんてできるわけもなく、貧乏学生でしたから。大阪から広島への新幹線代はもちろん、相手が大阪に来るときの新幹線代も半額私が払っていました。それにどこかに出かけるときも全部私が出していましたね。最初は私から借りるという名目だったんですが、もうこのままずっと一緒にいるんだろうと思っていたので、お金の貸し借りもどんどん曖昧になっていって。遠距離は寂しかったけど、無理しないと会えないことが、無理しても会いたいとなり、気持ちが再度盛り上がったのは良かったポイントでした。きっと同じ地元にいたら別れていたと思いますから」

そして、その2年後に彼は京都の企業に就職。就職が決まった時点で同棲したいと思っていた恵さんですが、彼は会社が用意したマンションで暮らすことを選択してしまいます。

「家のことはちょっとは相談してほしかったですけど、それでも私のいる関西に就職を決めてくれたことは本当に嬉しかったです。そこからは相手の仕事が忙しかったものの、週1ぐらいのペースで会っていたんです。当時私は大阪で暮らしていて、在来線で行き来できる距離でしたから」

高校から大学にかけて、彼はダサくマイナーチェンジした。

社会人になってからも付き合いは続き、結婚を意識するように。しかし彼は同僚の女性に本気になり……。~その2~に続きます。

1 2