恋愛&結婚 同棲していた彼と家庭の事情で遠距離恋愛に。それでもうまくいっていた……はずだった~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪市内にあるデザイン事務所でデザイナーとして働いている明日菜さん(仮名・34歳)。顎のラインで揃えられたボブヘアはツヤのある黒髪で、きめ細かいな白い肌と黒目がちな瞳、ご自身はコンプレックスだと語る身長が低いところなどから、全体的にかわいい雰囲気を感じます。派手な恋愛とは無縁そうな第一印象を受けますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は岡山県で、両親と3歳下に弟、父方の祖父母との6人家族です。小さい頃から父親は物静かで優しい人でしたね。家では父親を立てつつも実権を握っているのは母親。母親と祖父母とも仲良しで、家族仲もずっと良好です。父親はドライブが趣味だったので、小さい頃はよく車で遠方まで旅行に行っていました。私は短大のときに関西に出たんですが、岡山と大阪の引っ越しは父親が軽トラを借りてすべてやってくれましたね。父は私が25歳のときに亡くなってしまったんですが、今も本当に大好きです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「短大に進学してから、合コンで知り合った男性と付き合いました。年齢は5つ上で、第一印象から私は気になっていて、相手からお誘いしてくれて。2回目のデートのレストランで、軽い口調ながら付き合おうと言ってくれました。もう少し様子を見たかった思いもありましたが、今断ったらタイミングが噛み合わなくなるんじゃないかなって思って。高校のときもいい雰囲気のまま付き合わなかった同級生がいるんですが、何度も2人きりで遊んだのに進展が全然ないまま別の女性と付き合われた過去があったので、慎重になり過ぎるのも良くないなと」

しかし、初彼とは1年弱で破局。原因は明日菜さんの心変わりでした。

「レストランバーみたいなところでアルバイトしていたんですが、そこで気になる男性ができてしまいました。出会ったときはお互いに彼氏彼女がいたのでまったく意識していなかったんですが、徐々に仲良くなって意識するようになり、誘われるがままに遊びに行ってしまって。私よりも先に彼女と別れてくれて、私もその頃には浮気から本気になっていたので、彼氏にはお別れを言って、すぐにその男性と付き合いました」

すべてのタイミングが合い、卒業後すぐに同棲をスタートさせるも……

1 2