恋愛&結婚 心だけ縛られて、結婚も体も求めない……そんな恋人関係はニューノーマル?~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある調剤薬局で働いている結衣さん(仮名・33歳)。少し茶色の髪は毛先が巻かれ、ツヤのある肌に淡い色のリップ、パステルカラーの服装を好んでいるようで、全体的に女性らしい雰囲気を感じます。男性受けが良さそうな清楚なイメージを持つ結衣さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は北海道で、両親と2歳下に弟のいる4人家族です。私の家は小さい頃から両親が不仲で、明らかに不倫をしている父親に、『私たちのために離婚しない』といつも恩着せがましく言っていた母親と、家族はバラバラでした。唯一優しかったのは父方の祖父母なんですが、祖父は私が小さい頃に亡くなり、祖母はそこから母親と揉めるようになってしまって……。私も弟も早々に実家を出たんですが、まだ両親は離婚していません。今もたまに連絡はありますが、帰省はしていませんね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の頃に同級生と付き合いました。小学生の頃から知っている子で、田舎なので家は近くではなかったんですけど、いつも一緒に行動するグループの1人で自然とお互いを意識するようになっていきました。彼の家はすごくフレンドリーなご両親で、私はいつも彼の家に遊びに行くような公認の仲でした。同じ高校に進んで高校の3年間もずっと付き合って、私は高校卒業後に就職して、彼は札幌の大学に進み一度は遠距離になったんですが、私が追いかけるかたちで同棲が始まり、同棲が始まったときにはすでに交際期間は5年になっていました」

そこから2年ほどは同棲していたそうですが、2人で生活することへの難しさから破局してしまいます。

「彼は大学生だったので家賃はご両親が払ってくれていて、そこに私もお世話になっていた感じです。彼の家は裕福だったのでアルバイトもせずに朝まで遊んでくることもしばしば。私は札幌で仕事を見つけたものの、家を出るときに、家に毎月決まった額の仕送りの約束をさせられていて、切り詰めての生活が続きました。彼は私のことを家に置いてやっているという思いがあるからなのか、家事を全部私に押し付けてきて。仕事が疲れた後も当たり前のようにやらされる家事に疲れて、いつからか彼への気持ちも冷めていきました。その後もしばらく同棲を続けていたんですが、最後の方はお金を貯めるだけの目的でしたね」

すべてを捨てて、東京

1 2