恋愛&結婚 メッタ打ちでフラれたはずなのに思い出の美化が止まらない。SNS再会の結末~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるweb制作会社で動画編集をしている愛莉さん(仮名・34歳)。明るいショートボブの髪にはふんわりとしたパーマがかけられており、パッチリ二重の大きな瞳に厚い唇など各パーツが大きく、少しきつそうな印象を受けます。2マタされているイメージは抱きにくいですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は新潟県で、両親と7歳下に弟のいる4人家族です。父親は造園業をしていて、いわゆる職人さん。母親は父の仕事を手伝って事務の仕事をしていました。小さい頃は父方の祖父母が近所に暮らしていたので、祖父母に面倒を見てもらっていました。父親は外では寡黙な人って感じだったんですが、家では子どもにベタ甘でした。怒ったところは見たことないし、母親に怒られた後には慰めに来てくれるような優しい父親でしたね。今は実家に帰る度に結婚しろってうるさくなってしまいましたけど(苦笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「専門学校に行ってから、同級生の紹介で知り合った大学生と付き合いました。私は中、高とバレー部でまったく男っ気のないスポーツ女子だったんですよ。そして、部活を引退してからは太ってしまって、そのまま異性を意識することなく卒業しました。専門学校はITスキルを学べる情報系の学校だったんですが、私は異性とも友人になってしまうようなキャラで、学校では何もなくて。彼氏が欲しいというよりも、そろそろ作らないとやヤバいんじゃないかなって焦っていたときの紹介だったので、その大学生とのスタート時は特に好きではありませんでした。でも、最後には私のほうがハマってしまって、フラれたときは本当に落ち込みましたね」

フラれたときには10キロ以上も痩せてしまったとか。

「10キロといっても、当時は太っていたので標準に戻っただけです。付き合っている間もそんなに好きじゃないと思っていたのに、いざ彼からの連絡が途絶えがちになると追いかけてしまうように。それを補うために逐一連絡をしてしまったり、いきなり呼び出されても喜んで会いに行ったり、最後のほうは彼女の扱いじゃなくて、完全に都合の良い女でした。最後はサクッと他の女を選んで捨てられて、着信拒否もされて……。彼のことは1年以上引きずりました」

いいように扱われているのに悪い気がしない

1 2