恋愛&結婚 メンヘラ彼氏だから浮気するわけない。その思い込みが招いた結果~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のコンサルティング事業を行う企業で営業事務の仕事をしている洋奈さん(仮名・36歳)。胸まである長い黒髪を後ろで1つに束ね、化粧気はあまりないものの、少し下がった切れ長の瞳と口元にある大きなホクロから色っぽさを感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は都内で、両親と4歳上に姉のいる4人家族です。小さい頃から私はすごくおとなしい子どもでした。中学校のときにはいじめを受けていましたし……。仲間外れとか無視などで暴力などは受けたことはないんですが、そのことでより一層内向的な性格になってしまったというか。ただ目立たないようにすることだけを考えて生きていました。親にはバレていなかったと思います。学校を休むこともなく、成績も中の中ぐらいでした。休み時間などはトイレに籠って過ごしていましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校を卒業後、大学へ進学するんですが、そこで同じサークルで知り合った1つ上の先輩と恋愛関係になりました。サークルはスポーツ全般を楽しく少しずつかじるような軟派なものだったんで、ほとんどの人は出会い目的だった気がします。そこで私の何を気に入ってくれたのかわからないけど、相手から誘ってもらい、3回目のデートで付き合おうと言われました。最初は好きというよりも彼氏ができたという喜びのほうが大きかった気がします」

そんな初彼は付き合うまでは優しい人だったものの、付き合ってからは態度が180度変わってしまったとか。

「例えば2人で食事に行ったときに、付き合う前は彼が取り分けてくれたりしたんですが、付き合ってからは『お前がやれ』と。やたらと『女なのに』『女なんだから』と用事を頼むようになっていきました。最後には他の女性と私を比較するようになって……。ちゃんとした別れ話もないままフェードアウトしていきました。他の女性と構内で手をつないで歩いていたので、別れていたんだなってその時知ったぐらいです」

彼氏ができてすぐに同僚から告白を受ける

1 2