恋愛&結婚 社内恋愛ならぬ社内浮気!?新たなライバルばかり気にしていたらまさかの!~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある編集プロダクションでライターの仕事をしている早貴さん(仮名・34歳)。肩まである髪は外ハネに巻かれていて、各パーツに派手さはないものの、色白で透明感のある肌が印象的です。ハキハキと話し、常に笑顔の早貴さんは異性にだけでなく同性受けも良さそうに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と5歳上に兄のいる4人家族です。家族仲は普通です。サラリーマンの父親にパート勤務の母親、優しい兄で特別にこうだった……みたいなことはなかったです(苦笑)。実家はマンションで中流階級の暮らしで、海外旅行に頻繁には行けないけれど、家族旅行で国内は年に1~2回は連れて行ってもらっていました。過保護でもないし、放任でもないし、親と普通に今も仲良しです。今もコロナの感染が落ち着いていた時期に帰省をしています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学のときにしていたアルバイトで別大学に通う 1歳上の男性と付き合いました。それまでは誰とも付き合っていなかったんですが、私は昔から大人っぽかったというか老けていて、勝手に周りから恋愛経験がありそうに見えていたみたいで、それに合わせて嘘をついていましたね。よく女友だちの恋の相談にも想像で乗っていました(苦笑)。

初めての彼は時間とお金にルーズなところがあったけど、友人と遊ぶときも毎回ちゃんと報告してくれるような、隠し事のできないタイプでした。だから浮気したときも泣きながら他に好きな人ができたと言われて……。被害者ヅラされてフラれました」

浮気相手は同じバイト先の女性だったそうで、腹いせに早貴さんも同じバイト先で別の彼氏を作ったそう。

「元カレと付き合う前に告白されて断った男性がいたんですけど、その男性に慰めてもらう内にそういう関係になって。付き合うつもりはあまりなかったんですけど、元カレが彼女を作ったんで、私も相手がいないと耐えられない心境だったので……。これで仕事をやめたら悔しいじゃないですか。彼と付き合っている期間は1年でしたが、別れてから2年もバイト先に居座ってやりました」

出会いは社内が一番豊富

1 2