恋愛&結婚 スマホに残る3人の女の存在を黙認し結婚を掴み取った!勝ったと思っていたけれど……~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるテレマーケティング業務を行う企業で人材管理の仕事をしている美羽さん(仮名・36歳)。長い髪を後ろで1つに束ね、やや吊り上がった瞳や眉から気の強そうな印象を受けますが、笑ったときに見える八重歯がかわいらしく、印象は一転します。しっかりしてそうに見えますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と6歳上に兄、1歳下に妹、3歳下に弟のいる6人家族です。小さい頃は自由でしたね。こんなに兄妹がいたら親も1人ひとりに構ってられないのか、やりたいことに反対されたこともなくて、大学まで希望通りの道を歩ませてもらいました。きょうだい全員が私立大学を出ているので、親は相当頑張ってくれていたんだなと。思い返すと両親はずっと働いていました。今は感謝しかないですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学のときに合コンで知り合った人と付き合いました。でも、本当に一瞬でした。6回目のデートで別れて、期間は2か月弱です。付き合おうも、他に好きな人ができたから別れたいの言葉も、すべて相手発信でした。合コンから1回目のデートで付き合うことになったんですが、そこがピークでしたね。後は一緒にいても会話を盛り上げなければと、沈黙が耐えられないような関係でしたから。それに私は高校のときに好きだった人を大学に入ってもずっと引きずっていて、その人を忘れるために付き合っただけなので、好きでもなんでもなかった。だからあまり傷ついてはいません」

その片思いの相手にはいいように使われていた……と振り返ります。

「特に告白もしていなかったんですけど、卒業のときに一緒に写真を撮ってもらったことで私の思いに気づかれ、卒業後に私がバイトしている居酒屋に偶然遊びに来て、そこで連絡を交換しました。その後は何度か、今飲んでいると呼び出されることがあって、体の関係も持ちました。でも、彼女がいなくても私を彼女にしてくれることは最後までありませんでした」

恋を相談していくうちに、友情から愛情に変わった典型的なパターンを経験

1 2