恋愛&結婚 スマホに残る3人の女の存在を黙認し結婚を掴み取った!勝ったと思っていたけれど……~その1~【セカンド女子】

ちゃんとしたデートはしたことがなく、呼び出されては数時間で帰るような関係が、なんと4年も続いたと言います。

「本当に振り返ると無駄な4年でした。でも高校のときの遠くから眺めていただけの思い出に縛られて、当時の彼の最低な部分がベールに隠されていたような感じでした。そんなに長期間一緒にいると、滞在時間で彼女の有無がわかるようになるんですよ。彼はそれを優しさと勘違いしていたのか、彼女の存在は最後まで隠していました。でも、それが逆にもしかしてと期待させて、長く縛られる結果になってしまって……。彼女がいないときは一緒に出かけることもありましたし、1日中一緒に過ごすこともありました。これで付き合っていないなら、付き合うってなんなんだろうと悩んだこともありましたね」

4年の関係を清算できたのは、新しい男性の存在があったからこそ。美羽さんは社会人になり職場内の先輩にあたる男性と恋愛関係に発展します。

「私の仕事はオペレーターの管理や品質管理のためのマニュアル作りなどです。他にもクライアント対応などがあり、それをチームになって行うのですが、その同じチームの3歳上の先輩と恋愛関係になりました。年上で立場も上なんですけどすごく気さくで、仕事中は違うけどプライベートの会話のときはついついタメ口を使ってしまうほど(苦笑)。

先輩にはよくその遊ばれている関係を少し隠しつつも、彼との恋愛について相談に乗ってもらっていたんです。そんなことを何度もしているうちに『この2人で付き合ったらいいんじゃない』みたいな、最初は軽いノリで始まりました。私は冗談だと思っていたんですが、次の日普通にデートに誘われて。私もその気になってしまいました(苦笑)」

引きずり続けた片思いの終わりはメールであっさり。相手から何度も来る連絡にも、気にせず無視を続けられたとか。

「もう彼のおかげですよね。『彼氏ができたからもう二度と連絡してこないで』とメールしたのに、相手は全く気にせず、それからも月に2回ほどのペースでの連絡が3か月ほど続きました。その着信履歴は彼のヤキモチを煽るアイテムに最後のほうはなっていましたね。

ちゃんと大切にされていると、こんなに一途になれるんだなって、自分の新しいキャラにも気づけましたね」

無謀な関係から救ってくれた彼は救世主に見えた。

独立とともに彼の噂を耳にしてしまい、もやもや……。しかし独立時の約束に縛られ、銅像を貫くハメに。~その2~に続きます。

1 2