恋愛&結婚 欲しい言葉を欲しいときにくれる……純粋な愛を語る既婚者と離れられない~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪市内にあるIT関連のサービス業務を行う企業で秘書の仕事をしている千夏さん(仮名・34歳)。丸みのあるショートカットヘアはツヤツヤでケアが行き届いている印象。肌ツヤも良く、ハキハキと話すところからも健康的なイメージを抱きます。そんな千夏さんは長期間に渡る不倫経験があると言いますが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親と3歳上に姉のいる4人家族です。私は小さい頃から姉と比べられて育ちました。両親は子育てに熱心なタイプではなくて、どちらかというと放任主義。そんな自由な環境でも姉はずっと成績が上位の天才タイプで、私は頑張っても中の上ぐらい。運動神経も姉のほうが良くて、親も私にできないことがあると『お姉ちゃんはできていた』というような怒り方をしてきました。でも卑屈にならなかったのは、姉よりも私のほうがモテたから。学校の先生などの大人たちや異性には私のほうが人気があったので、グレることはありませんでした(苦笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校1年に入ってすぐのときに、同じ高校に進学した中学の同級生に告白されて付き合いました。彼は中学のときは別の女子と付き合っていたようなモテる人で、別に好きじゃなかったけど断る理由もなかったので。でも実際付き合ってみるとすごくベタベタしてくるし、私は友人とも遊んだりしたかったのに、放課後は常に一緒にいなくてはいけないような人でした。最後は相手のことが気持ち悪くなって別れました。私がひどいフリ方をしたと、しばらくは嫌な噂を立てられましたね」

次のお相手は2つ上の、学校ではモテモテだったバスケ部のエース的存在。この付き合いがあらゆる女子たちの反感を買い、一時はクラスで無視をされるような事態になってしまったとか。しかし千夏さんは平気だったと言います。

「私は部活には入っていなかったんですけど、たまたま仲良くなった別の先輩が彼とつながっていたんですよ。彼はバスケ部でのチヤホヤも知らずに普通に仲良くなって付き合いました。そしたら、わざと聞こえるように悪口を言われたり、その陰気な女子たちが数珠つなぎみたいにつながっていって、クラスでも無視されるようになりました。たまたま隣のクラスに幼馴染の女友だちがいたので、そこからはずっとその子といましたね。隣のクラスとは男女で分かれる体育や移動授業などは一緒なので、意外と平気でした。当時はモテない女が連なっても意味がないし、とすごく勝気な嫌なやつだったんですよ、私(苦笑)」

一時は仕事に生きようとするものの……

1 2