恋愛&結婚 仕事人間が一度恋にハマったら、どんどんのめり込んで……~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある企業で派遣スタッフをしている保美さん(仮名・36歳)。大きな丸い瞳に美肌の持ち主と、美人要素がたくさんありますが、丸顔で背も低いところから美人というよりもかわいい印象です。しかし保美さんは自分の顔が大嫌いだと言います。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は山梨県で、両親と2歳上に姉のいる4人家族です。私の家族は小さい頃からバラバラです。あまり家に帰って来ない父親と、その時の気分で私たちにひどくあたる母親の下で育ちました。母はさっきまで機嫌が良いと思ったらすぐに怒りだすような人で、私は一度も褒められたことがありません。少しでも成績が下がると怒られてばかりでした。良い成績のときは褒められないのに……。父親とは目を合わせたことさえ記憶にありません。家族で唯一仲が良かったのは姉ですが、姉とも大人になるにつれて会話がなくなっていきました。姉とはなぜですかね……。姉は家の外に出るようになり、私は逆に内に籠るようになったからでしょうか」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「社会人になってからです。中学や高校のときは異性にもちっとも興味はありませんでしたね。いいな~と思ったこともありません。私は親からの希望もあり、勉強を頑張って有名大学に入りました。それが私の一番の成功体験です。大学のときにはいい感じの人はできたのですが、付き合うまではいきませんでした。いい感じになってもその次に進もうとすると相手のことが急に気持ち悪く感じてしまって。もしかしたら本当に異性に興味がないんじゃないかと悩んだこともありました」

大学を卒業してからはリスティング広告を扱う代理店へ就職。就職先では気持ちが恋愛に向かうことなく、仕事に没頭します。

「就職先はそれなりに大手ではあったものの、第一希望とはいかずに気持ち的には憂鬱なスタートでした。最初からあまりやる気はなかったんですが、その会社はリアルに数字で社員を比べて成績上位者たちを前に呼んで褒めるという定例会がありました。上位じゃなかった人たちを貶すという行為はないんですが、その会では成績上位者しか見えていないような感じで。名前を呼ばれなかった人は劣等感に苛まれて、仕事を辞める人も多かったです。その術にハマったように、いつからか私も負けたくないと仕事に没頭していきました」

認められたい欲求が最初は仕事に大きく傾くも……

1 2