恋愛&結婚 結婚前提の同棲後に日本人妻発覚!外国人の彼は情熱的に誘い、謝罪は淡泊だった~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある企業で英語を活かした貿易事務の仕事をしている真子さん(仮名・33歳)。胸まである黒髪はきれいなストレートで、切れ長の瞳や小顔などに加え、姿勢も良くてゆっくりと丁寧に話す姿から、どこか独特な雰囲気を感じます。異性受けは良さそうに見えますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と4歳下に弟のいる4人家族です。私の家の特徴は甘々な父親に、適当な母親でしょうか。父は特に私に優しくて、何かを反対されたことも怒られたことも記憶にないです。私が夜にお腹が空いたというと近くのコンビニまでお菓子やアイスを買いに行ってくれるような人でしたね。一方の母親は料理は上手じゃないし、掃除もあまりできない。家は常にグチャグチャでした(苦笑)。私がいつからかハウスダストのアレルギーを持ってしまって、私が家を掃除するようになりました。母親はいわば反面教師でしたね。弟も起こさないと学校に行けないような子だったので、私がいつも朝の準備を手伝っていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校のときに合コンをした大学生と付き合いました。私は昔からすごくませていて、先輩を好きになったり、塾の先生を好きになったりと年上が好きで、彼は3つ上ながらすごく大人に見えたんです。相手から連絡が来るようになって、花火大会を一緒に見に行って付き合うことになりました。

彼とは1年ぐらい付き合いましたけど、最初が気持ちのピークでどんどん下がっていった感じ。でも、彼氏持ち、大学生と付き合っているというステイタスみたいなものがあったし、他に好きな人もいなかったのでズルズルいってしまって。最後は相手が就職活動がうまくいかないイライラを私にぶつけるようになって、ケンカ別れしました」

短大を卒業後は美容機器を扱う企業の営業に就職。しかしノルマが厳しくて1年も満たずに辞めてしまいます。

「就職活動をろくにしていなくて、たまたま見つけた求人に飛びついたら、記載されていた条件とは程遠い感じで……。個人ではなく企業に対しての営業なんですが、テレアポからすべて自分で行い、会社からすると自由というのをアピールしてましたが、結局はマニュアルみたいなものがしっかりしていなくて。それなのに研修期間も短く、一人立ちが早い。資料作りなどは就業時間以外にしなくてはいけないなどもあって2か月目ぐらいからは仕事に行くのが嫌になりました。甘えだと思ってしばらくは我慢したんですが、不眠や肌荒れ、それに過食に悩まされるようになったので親からも辞めていいと言ってくれたので」

留学を機に、外国人の魅力にハマる

1 2