恋愛&結婚 アラサー女性が7つ下の大学生から猛アプローチを受けたら……~その1~【セカンド女子】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪府内にある企業でイベント運営の仕事をしている友美さん(仮名・35歳)。ショートカットの髪は緩いカールのクセでふわふわしていて、化粧気はあまりなくカジュアルな装い。30代半ばとは思えないキレイな肌が印象的です。本人も異性よりも同性の友人が多いタイプだと言いますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親との3人家族です。家の周囲には親族が住んでいて、大家族で育ったような感じです。同い年のいとこがいたので、いつも一緒に遊んでいましたね。両親は特に勉強などにもうるさくなくて自由にさせてくれていました。父親は地域活動のボランティアに毎週末参加するような人で、母親も趣味の手芸で 定期的に 友人たちと作品展を行っていて……個人個人で好きなことをしている家族です。私は大学で家を出たんですが、その直後に私の部屋を母親の作業部屋にリフォームされました。二度と帰ってくるなって言われたような気分でした(苦笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「母親の影響なのか、絵を習ったり、ミシン教室に通ったり、趣味に没頭していて、恋愛関係はずっと何もなくて。大学は女子大だったので同じような友人たちとつるんでいて、好きな人ができたのは社会人になってからでした。

最初に付き合ったのは、友人の紹介で知り合った同い年の男性で、何度かみんなで遊ぶようになって仲良くなりました。私は最初は地方銀行に勤めていたんですが、お給料が安くて大学卒業後から仕送りがなくなったことで一人暮らしが厳しくなっちゃって……。就職後に大学のときの友人とルームシェアを始めたんです。その友人が連れてきた男性が彼で、勝手に家に来るから強制的に仲良くなったというか。付き合ってからも相手から誘われたら遊ぶというような受け身を続けていたら、フェードアウトされました。友人づてに別の彼女ができたと知って終わっていたんだなって……」

ルーズなところがあった友人とのルームシェアではストレスが爆発して、再度1人暮らしに。そのころは仕事が終わってからのバイトなどでまったく恋愛をしていなかったそう。

「一緒に住んでいた子はいきなり家に男性を連れてきて紹介するようなタイプなので、その他のこともすごくルーズで……。ゴミ捨てや掃除などは当番にしていたのに守らない、料理を作った後に洗い物はするけどシンクなどに細かい食べ物が落ちたままとか。一度ムカついたら行動すべてにイライラしてしまって、最後はケンカ別れしましたね。彼女が家を出ていって、2人分の家賃を払えなかったので私も引っ越しした感じです。

その後は仕事終わりに夜遅くまでやっているカフェでバイトしていたんですが、本当に朝から晩まで働いていた記憶しか残っていませんね」

勤め先に現れた大学生の男の子

1 2