恋愛&結婚 5年付き合ってきた彼が、ある日突然別の人と結婚!?【セカンド女子・前編】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で生活しながら現在休職中の文乃さん(仮名・31歳)。明るい茶色の髪は今流行りのウルフカット、ハッキリとした太眉に大きな瞳など、ハッキリとした派手な顔立ちをしています。休職中ながら今まで働いていた時の貯金もあり、もう少しゆっくりするつもりとのこと。明るい雰囲気のある文乃さんですが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は富山県で、両親と3歳下に弟のいる4人家族です。父親は自営業で建築関係の仕事を親族でしていました。よく寡黙な印象を抱かれる職人といわれる人なんですが、父親はすごくおしゃべりで、とにかくうるさい。休みの日には自治会の役員などもしていたので、近所のおじさんたちが家に集まっては宴会をしていて、集会所みたいになっていましたね。私は小さい頃はよくその輪に混ざっていました。酔っ払ったおじさんの相手をしていると、たまにお小遣いがもらえたんですよ(笑)。

一方の母親は毎週開催される宴会の準備を文句も言わずにやっていて、大変だなって、えらいな~って思っていました。本当に内助の功を体現するような人ですね。私は母親のようになりたいような、あんなに夫に振り回されるようにはなりたくないような、複雑な気持ちが昔からありましたね(苦笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の頃に、バレー部に所属していたんですが、同じバレー部の同級生と付き合っていました。彼とは付き合う前から仲良しで、告白というよりも『こんなに一緒にいるなら付き合っているのと同じ』みたいなことを言われてそのまま。彼が好きというよりも、付き合うということに興味があったのでOKした感じです。彼とは部活終わりにずっと一緒にいたり、ゲームセンターがあるスーパーみたいなところで一緒に過ごしていました。お互いの家にも行ったりしていたので、親たちからは公認みたいになっていましたね。

別れたのはお互いの気持ちが別の人に移ったから。同じ高校に進んだのにお互いが興味なくなっていってすぐに別れましたね」

その後高校、専門学校では同じ人とずっと付き合っていたとのこと。しかし、文乃さんはよくない恋愛だったと振り返ります。

「高校のクラスメートだったんですけど、もう彼のことが好きすぎて仕方なかったんです。1年の頃からずっと片思いしていて、3年の夏休みに2回目の告白でやっと付き合えたんです。1回目の告白は『よくわからない』という理由でフラれていて、3年でこのまま卒業は嫌だったからフラれるつもりで告白したらまさかのOKで。そこから私は美容系の専門学校に進学するつもりだったのを彼と同じ進路のデザイン系の専門学校に変えました。

でも彼とは同じ学校に入った後すぐに浮気をされて、そこから何度も繰り返され……。あのとき血迷って進路を変えなければ、今頃美容師とかメイクアップアーティストとかの夢もあったのに……と、見切り発車で進路を変えたことを後悔しています」

上京後に出会った自信家の男性

1 2