恋愛&結婚 「彼女はいらない時期」に隣にいる私って何?聞けないまま3年が過ぎ……【セカンド女子・前編】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるソフトウェアや情報処理などネット関連事業を行う企業で事務の仕事をしている里奈さん(仮名・29歳)。丸いシルエットのショートボブヘアに、キレイな茶色

の瞳や白い肌が印象的で、おっとりした話し方も相まって女性らしい雰囲気を感じます。彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と4歳上に兄のいる4人家族です。小さい頃は父方の祖父母の家で同居していたんですが、祖母が私や母親に厳しくて、家に帰るのが嫌だった記憶が残っています。小学校の高学年のときに祖父母の家を出て、マンション暮らしになりました。家を出る最後のほうは食卓で一切会話がなかったので、きっと嫁姑問題が深刻化したんじゃないかなって思っています。今の家も祖父母の家から車で20分ほどの距離なんですが、帰省するのは父親のみになっているような冷戦状態です。私も中学生の頃までは一緒に遊びに行っていたけれど、今はまったく祖父母との交流はありません。

でも、私は食べ方や姿勢がよくキレイと褒められるんですが、それは小さい頃に祖母に厳しく躾けられたからなんだなって、それだけは今ありがたかったなと思っています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校のときに1か月で別れたんですが、彼氏がいた時期がありました。私ではなく友人と仲が良かった同級生から遊びに誘われて、何度か遊んだ後に付き合ってと告白されてOKしたという感じでした。相手からの告白だったのに、よくわからないまま1か月でフラれたんです。普通に遊びに行った帰りに『今日で終ろう』と言われて……。別れたくないと思うほど好きじゃなかったし、そもそも3回しか遊んでなかったのでどういう人なのかもよく知らなくて。『わかった』と返事をして、そのまま終わりました」

その後の学生時代はいい感じの男性はできるものの付き合うまではいかず。男性経験がなかったことも、周りには同じような友人ばかりで特に焦ってはいなかったとのこと。

「友人の間でできる程度の恋愛のネタがあったので、それで良かったというか。追いかけたくなるような相手もいませんでしたし。学生時代は周りも同じようなタイプばかりで、フリーの友人たちと一緒に合コンに参加したり、出会いの場に足を運んだりしているだけで楽しかったので。

でも、その中で男性経験がない人が1人、2人と減っていって、社会人になってからは正直言って、すごく焦っていました」

中村倫也似のイケメンにバーでナンパされる

1 2