恋愛&結婚 彼の家には美容院シャンプーとペア食器……そこにヘアゴムを追加した私は何番目?【前編】

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるファッション系のECサイトの運営企業で事務の仕事をしている瑞希さん(仮名・30歳)。丸いシルエットのショートボブヘアに切れ長の目に色素の薄い瞳、シンプルな服装などから、第一印象はスマートでカッコイイ女性。本人は「恋愛に対してはすごくネチネチしている」と言いますが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と2歳上に兄のいる4人家族です。両親は可愛がってくれましたけど、期待されるのは兄ばかり。躾などで怒られることはあったものの、成績や進路などで怒られたり反対されたことはなかったです。兄は賢かったから期待する気持ちもわかりますが、私だってバカじゃなかった。それなのに兄の成績ばかりを気にされて、私には『女の子だから』いいと。親に期待されたい重いから勉強を頑張った時期はあったんですが、成績では兄に一度も勝てないし、親からの反応もなくて……。私はある意味、伸び伸びと自由にさせてもらいました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校のときに顔を知っているぐらいの同級生から告白を受けて、とりあえず友人からということで仲良くなって、その後付き合いました。

付き合ってからはケンカもなくそこそこ仲良くはしていたんですが、半年ぐらいのときに彼よりも好きな人ができてしまって別れました。その相手は彼の友人です。私は自分が悪者にならないように、気持ちが冷めた理由は嘘をつき、そこから友人の誰にも相談することなく、密かな片思いが始まりました」

相手は、クラスの女子数人がカッコいいと言っていたことから以前から名前は知っていたという信二さん(仮名)。友人の彼女ということで仲良くなり、好きになってしまったんだとか。別れた半年後に告白したものの、結果はダメだったと振り返ります。

「相手からしたら友人の元彼女だし、その半年間に何かアピールをしていたわけじゃないのでフラれて当然だとは思います。告白は気持ちに気づいてもらいたいという思いもあったので、それで諦めたわけではありませんでした」

彼が弱ったときに寄り添ったのは私だけ

1 2