恋愛&結婚 まさにブーメラン!彼女持ちの彼女に昇格後、今度は彼氏を寝取られ…【後編】

そんな毎日一緒にいたがる彼との関係はそのまま3年ほど続きます。しかし3年を過ぎたあたりから徐々に減っていったそう。関係が落ち着いてきたと喜んでいた京香さんですが、職場内で、以前の自分のように仲良くする女性の存在に気付いたとか。

「30歳を過ぎて、やっと恋愛の仕方が落ち着いてきたのかなって思っていたのですが、なんとなくその女性の存在が気になっていきました。彼とは週に1~2日は一緒にいるぐらいになっていたんですが、その間もずっと誰かとLINEをしていたこともあって…。彼女はその年に入った新人で彼が教育係の子でした。かわいい雰囲気で天然なのか不思議ちゃんとみんなからは言われていましたね。彼がLINEをしているときに後ろからさりげなく画面を見ると、相手は『あいか』となっていました。その新人の名前と一緒でした」

彼女の存在を知らないだろうと職場で新人・あいかさんに近づいていったそう。しかし、彼女は京香さんが彼女だということを知っていました。

「休憩を彼女と合わせて偶然を装って話しかけました。そしたら『健太さんの彼女さんなんですよね?』と聞かれて。そうだと伝えたら『健太さんにはよくお世話になっています』とか言われました。お互いニコニコしていたけどバチバチでしたよ。そこから私は彼を盗られたくない思いから、彼に会いたいと言い続けたんですが…」

京香さんが誘っても断られることが多かったものの、会いたいと誘われることもあり。彼の行動が気になった京香さんは彼のスマホを見てしまいます。

「前の私と同じように、LINEの通話は2時間越えがたくさんありました。そこには体の関係があることも書かれていました。それに、私が彼に急に会いたいと言われたときは、彼女に断られた後だということもわかって…。悔しくて悔しくて仕方ありませんでした。

見てしまったことを言って彼を問い詰めるべきなのか、でもそうなったら今確実に彼女のほうが優勢なのでフラれてしまうかもしれない。どうしたらいいのかわかりませんでした」

その後、京香さんの出した答えは?

「目を瞑りました。彼女と仲良くしている間も彼は私を切ってはいない。それにあいかも彼女の存在を知っているのに関係を続けている。今は劣勢かもしれないけれど彼女のポジションは私です。落ち着いたら彼は戻ってくるかもしれないと思って。

でも、結果は…フラれました。前の私のようにあいかがハッキリと答えを求めてきたのでしょう。私はその後職場に居づらくなり、その美容院をやめました。絶対に幸せになるなって今も思っています」

前の彼女も同じように耐えていたのかも…。
1 2