恋愛&結婚 「私はカモだった…」婚活アプリで出会った彼が私と付き合った本当の目的【前編】

いつまでたっても彼女(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか…。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

「様々なものを搾取されて、本当にいいように使われていました。やっと好きになれた人で、やっと好きになってくれたと思っていた人。それでもあのときは別れたくなかった…」

と語るのは、都内にある病院で医療事務の仕事をしている沙織さん(仮名・31歳)。胸まである髪はサラサラストレート、メイクも控えめで一見清楚な印象を持ちますが、笑顔の絶えない弾むような話し方から、明るくて打ち解けやすい雰囲気があります。恋愛は学生時代は皆無、好きになった人から友人扱いしか受けなかったと振り返ります。

「出身は新潟県で、両親と4歳下に弟、6歳下に妹のいる5人家族です。家族は全員が明るいです。両親ともに地元の人で同級生、学生のときからずっと付き合っていたみたいで共通の知り合いが家の周辺には多くて、家にはいつも誰かしらが遊びに来ていました。父は地域の活動にも力を入れていて、なにかの会長をやっていたりもしたので、それは父がおじいさんになってからもずっとです。いつも大勢の人と触れ合っていたからなのか、私も小さい頃からまったく人見知りをしませんでした。学生時代からずっと友人には恵まれていましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「社会人になってからです。田舎だったので中学のときから結構付き合う人が多かったんですが、私は何もなくて。よくある男の子とも友人になってしまうタイプで、女扱いもしてもらえなくて(苦笑)。高校生のときにクラスメイトの男の子と2人で遊ぶ関係になり、そこから2年ほど片思いをしていたんですが、彼はその間も別の人を好きになって、付き合ったり別れたりを繰り返していましたね。惚れっぽい子だったのに、私には一切見向きもしなかったんですよ(苦笑)。

最初に付き合ったのは、東京に出てきて最初の職場の同僚女性から紹介された人でした。彼氏といっても、好きにはなってもらえなかったんですけどね…」

相手は2つ上のサラリーマン。付き合いは体の関係の一歩手前から始まったと言います。

「飲み会で知り合って、別日に2人で遊ぼうと誘われて、その日のうちにホテルに誘われました。そこで『付き合っていない人とは無理』と言ったら『じゃあ付き合おう』って。私は初めてだったんですけど、そんなことも言い出せないままの初体験でした。

その後も相手発信で呼び出されては会うという関係になり、呼び出されなくなったことで終わったという感じです。もちろん私から連絡しましたけど、最初に連絡したときに『他に好きな人ができた』と言われてフラれたんです。2か月ももたずに、本当に付き合っていたのかもわからないままでした…」

6年もの恋愛休止期間を経て出会った男性

1 2