恋愛&結婚 女の影より夜ご飯の準備の方がダルい…同棲の家賃負担差でできた格差【後編】

「お金を払えばいいんでしょう」

空気を読んで相手に合わせてしまう祥子さんは同棲中でも我慢し続けます。そんな中、修一さんが連絡もなしに夜遅くまで帰って来ない日が続くようになり…。

「彼は晩御飯はしっかり食べたいタイプで、さらには汁物や副菜も用意しないといけない感じでした。少しでも私が仕事で遅くなると『最初に決めた約束じゃん』って、怒ってはいないけどすねてくるんです。食費の負担しか決めてなかったのに!最終的には『そんなに残業があるのに安月給のところはやめたら?』とまで言われて。すごくムカついたけど言い返すことはできませんでした。そして私は残業のない派遣社員になりました。彼が『結婚したらもう少し仕事をセーブしてほしい』とプロポーズまがいのことを言われたからです。

仕事を変わってからはほぼ毎日晩ご飯を作りました。それなのに、連絡もなしに遅くに帰ってくることが増えてきて。ときおり、いいニオイがして帰ってくることもありました。あれは絶対に女性のニオイだと思いました」

晩ご飯のことを注意するとまさかの言葉が返ってきたとか。そして、同棲を解消したいと突然言われます。

「私は晩御飯をせっかく作っているのにもったいないから連絡してと言ったら、『だったら食費を1~2万負担するから』と。あぁ、この人は私がお金を払えば我慢すると、お金を多く払っている自分のほうが偉いって思っているんだなって。もちろんその提案は突っぱねました、『用意する日を減らします』って。そしたら、その10日後に同棲を解消したいと言われたんです。女の影があったから『他に好きな人でもできたの?』と聞くと、『うん』って。そこで別れることになりました。でも、同棲中で新しい家が見つかるまで同居という形でしばらくは一緒に暮らすことにしたんです。そしたら…」

新しい彼女とうまくいっていないときには甘えてくるなどの行為をしてくるようになり、さらには同居を継続してもいいという代わりに体の関係も求めてきたそう。

「同居中はご飯も用意せずにまったく口をきかない状態で、別々の部屋で寝るようになっていたんですが、たまに私が寝ているところにきて甘えてくるんです。『私のほうがいいかも』とか言いながら…。晩ご飯を作ってと催促してきたりもしました。同棲時代と同様で家賃を多く負担してくれていたし、私はまだ彼が必要だったからそれに従っていました。そして、そのままズルズルと体の関係ができてしまった…。新しい彼女には誰と暮らしていると言っているのか。私もこのままじゃ新しい彼氏もできない。でもこのまま継続したら、気持ちも戻ってくるんじゃないかって期待してしいる自分もいて…。結婚生活はさらに上下関係がきつくなることが目に見えているのにね」

早く一人暮らしをしなければと思いながらもお金の面の居心地の良さからズルズルと…。

1 2