恋愛&結婚 「彼女のほうに行ってほしくなかったらもっと努力しろ」開き直り彼を前にアラサー女性は…【前編】

いつまでたっても彼女(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか…。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

「開き直りに逆ギレ…、別れようと思っても、優しいときがあったり、結婚したいって言ってくるときもある。別れたほうがいいのはわかっているのですが…」

と語るのは、都内にある企業でテレアポの仕事をしている直美さん(仮名・34歳)。胸まである黒髪は真っ直ぐで、毛先の少し茶色の部分は「昔染めていた名残」とのこと。前髪を作ったり、短くしたこともあったそうですが、色々試して現在の髪型に落ち着いたと言います。化粧もずっと同じだそうで、服も流行りに関係なく10年近く着続けているものもあるのだとか。

「出身は愛知県で、両親と3歳上に兄、1歳下に妹のいる5人家族です。私の家はとにかく父親が厳しい人でした。何をするのも一番は父親じゃないといけなくて、ご飯やお風呂は絶対。私が学生の頃に父と兄が険悪な感じだった時期があって、父よりも兄がお風呂に先に入り、それを知った父親はお風呂を壊したんです…。何かをぶつけたのかお風呂の下が割れてしまって。その後銭湯に通うことになるんですが、兄と和解するまで、父はお風呂を修理しなかったのです。あまりにインパクトが大きくて、この人には絶対に逆らわないようにしようと思いました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「父は毎朝ジョギングをしているぐらい運動することが好きで、それを私たち子どもにも強要してくるような人でした。その影響もあって私は高校まではずっとソフトボール部に所属していて、浮いた話さえまったくで、彼氏ができたのは大学に入ってからです。大学生のときに参加した運動サークルの飲み会で知り合った同級生と付き合いました。好きでというより友人として仲良くなったと思っていたら、向こうから好きと言われて、一度断った、嬉しくてOKしました。一度目の告白から私も異性として意識していたんですよね」

しかし、彼とは最悪な形で終わってしまったとか。

「彼は大学の近くに実家があって、私も遠いけど実家通いだったので、ラブホテルを多用していたわけです。お気に入りのホテルにはポイントカードがあって、貯まると5,000円オフになるんですよね。学生時代にはその額が本当に大きくて『あと何ポイントだ』って、カードは彼が所持していたけれど、私も数字をチェックしていたんです。そしたら、カードが予定よりも早くいっぱいになっていて、それを問い詰めたら浮気したと…。ホテルでは必死に謝って来られて、別れるかどうしようか迷っていたら、なんと迫って来たんです。理由を聞くと『せっかく入ったんだからお金がもったいない』って。さすがにもう別れようと決めて、ホテルに置いて帰りました。彼からその後も復縁を持ちかけられたけど、気持ち悪くて無理でしたね」

職場でいじめの標的に

1 2