恋愛&結婚 不倫8年でただ願うことは「現状維持か、これ以上傷つかない別れ」【前編】

いつまでたっても彼女(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか…。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

「何度別れても元に戻ってしまう。だから離れることも、何かを求めることもやめたんです」
と語るのは、都内にある企業で広告宣伝の仕事をする恵理子さん(仮名・35歳)。肩まである髪は真っ直ぐで天使の輪ができているほど手入れがされている状態、ナチュラルメイクながら目鼻立ちのハッキリした美人です。小物にもブランドものが目立ち、キャリアウーマンといった第一印象を抱きます。

「出身は山梨県で、母親と5歳下に弟のいる3人家族です。父親は幼稚園の頃に病気で亡くなり、父親が確かにいた、ということしか記憶がない状態です。覚えているのは母親と母方の祖父母のことばかりですね。父のお金と祖父母がいたので、特に貧しい思いはしていません。それに母は資格を取って、家で企業の経理の仕事をしていたので、寂しかった記憶もありません。母はとてもしっかりした女性で、ずっとこんな大人になりたいなって思っていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校を卒業したばかりの頃に1年半片思いしていた人と2回目の告白でOKしてもらい、付き合いました。最初の告白は2年生のときで断られて、それでもずっと好きだったので卒業式にもう一度諦めるつもりで告白したらOKをもらえて。大学は別々だったので、結局あまり会えずに半年ほどで別れてしまったんですが、いい思い出として残っています。別れてからも何度か少人数の同窓会みたいなもので会ったことがありますが、気まずいこともなく普通に話せましたね」

大学に進学した後はバイト先で知り合った男性と恋愛関係になりますが、あることがきっかけで冷めてしまったとか。

「彼は6つ上で、国家資格を目指してずっとアルバイトをしていたような人で、一緒に働く中で仲良くなり、向上心があるところに惹かれていきました。交際期間は2年なんですが、付き合っている期間に国家資格に受かることはなかったです。

でも、それで別れたわけではありません。別れた理由は、彼が夢を諦めたこと。急に就職活動を始めて、それを私のせいにしたんです。『私のために』と言っていたけど、『私のせい』に聴こえてしまって。それにそんなに長い期間かけて夢を諦めるところも、その時間が全部無駄になることと一緒なので、なんかダサいなって思ったんです」

仕事ができることが男性の一番の魅力と感じた

1 2