恋愛&結婚 「彼女から浮気相手にしてやった」トラウマ返しをされた女性の恐怖体験【前編】

いつまでたっても彼女(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか…。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

「すべては私のせい。それでも彼は私だけを好きでいてくれると思ったのは、私のおごりでした」

と語るのは、都内にある輸入雑貨などを扱う企業で、企画営業の仕事をしている有子さん(仮名・34歳)。ゆるふわのパーマがかかったショートボブヘアに切れ長の瞳が印象的で、南明奈さんに少し雰囲気が似ています。

「出身は千葉県で、両親と5歳上に姉のいる4人家族です。家族の中で私が一番しっかりしていると思います。今まで怒ったところをあまり見たことがない穏やかな父に、いつも笑顔で少し天然で抜けている母、そしてそんな両親に甘やかされて育った姉、という感じです。姉は学生時代は普通に過ごせていたんですが、いざ働き出すと仕事がまったく続かなくて、今も実家からパートをしているだけで親に寄生しています。姉妹仲は別に悪くないんですが、私は未だに親に迷惑をかけ続ける姉のようになりたくないと、仕事をずっと頑張ってきました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学のときに友人の紹介で知り合った同い年のA君と付き合いました。A君は、同じマイナーなミュージシャン好きで一緒にライブを行くようになって、仲良くなりました。A君は地方から都内に来ていたので1人暮らしをしていて、大学時代は彼の家で過ごすことが多かったですね。優しくて穏やかな人で、一緒にいる中でどんどん好きになっていきました」

A君とは大学を卒業した後も付き合いは続き、学生時代のように会えなくはなるものの関係は順調そのもの、と有子さんは思っていたとのこと。しかしA君は職場で知り合った女性と浮気をして、突然別れ話をしてきたと言います。

「まったく気づいていませんでした。当時は付き合って4年ほどが経ち、A君は興味があるもの以外は物静かなタイプなので2人の間に会話がなくてもそんなものかなと。でもA君からしたら、態度で冷めてきているのを表していたみたいです。普通の平日の仕事終わりに会って、いつもの待ち合わせしていたカフェで突然『好きな人ができた』と言われました。

『2人で一緒にいてももう楽しくなかったよね?』と淡々と別れ話をされて、そのまま終わりました。私は一切泣かずに、家に帰ってご飯を食べてお風呂に入ってと、明日も仕事だからと普通に過ごせたんです。意外と平気なのかなって思っていたんですけど、その後まったく恋愛ができなくなってしまって…」

猛アプローチを受けてやっと次に進めた、はずだった…

1 2