恋愛&結婚 年収800万以上、自立した女性の「私がいなくては!」が暴走したら…【前編】

いつまでたっても彼女(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか…。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

「今の男性は共働きが前提だというし、自立した女をアピールすれば選んでもらえると思っていました」

と語るのは、都内にある自宅にてフリーでデザイナーとして活躍している結衣さん(仮名・37歳)。鎖骨まである髪は何度もカラーを繰り返していると言いますがツヤがあり、肌もキレイで体型も若い頃から細身をキープしているそう。「エイジングケアには20代からお金をかけています」とのことで見た目はアラフォーにはまったく見えません。

「出身は埼玉県で、両親と3歳下に弟、4歳下に妹のいる5人家族です。姉弟間と子どもと親の仲は良かったんですが、両親の仲はあまり良くなかったんです。大きなケンカをしているのを見たのは小さい頃だけなんですけど、会話が続いているところをあんまり覚えていません。単語やボソボソと二言三言交わすぐらいでした。

晩御飯を食べ終わった後には、一軒家なので父は2階の自分の部屋に、母は1階の居間にいた感じで、私たちはどっちと一緒にいたいかを選んで、各部屋で過ごすみたいな感じでした。昔からそんな感じだったので特に違和感もなく過ごしていたんですけどね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「短大のときの合コンで知り合った、1歳上の大学生と付き合いました。覚えている彼の印象は大嘘つきということだけですね(苦笑)。男友達と遊ぶと言って他の合コンに参加して浮気をするという女関係の嘘から、あの芸能人と知り合いだとか、卒業したらあの企業に知り合いがいるから入れてもらえるというような、自分を大きく見せる嘘まで。それを全部信じていたんだから、初めての彼氏という恋の盲目さは怖いですよね…。浮気をされてフラれた後に、共通の知り合いから『あの嘘つき』と影で呼ばれていることを知って、愕然としました…」

次に恋愛に至ったのは、社会人になってから。相手は7歳上の既婚者だったと言います。

「入社したのはデザインや印刷などを請け負う会社で、そこの上司と…。私は進行管理というデザインの作業は行わない部署だったんですが、デザイン部署の手伝いをしていくうちに技術が少しずつ身に付いたので、その会社での経験はとても貴重なものになりました。

不倫は思っていたよりも幸せだったんですけどね…」

頼る恋愛と頼られる恋愛、居心地が良かったのは…

1 2