恋愛&結婚 不倫相手の気持ちを確かめる手段とは?「私、口が堅い」で始まった恋の末路【前編】

いつまでたっても彼女(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか…。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

「奥さんと別れる気のない相手との不倫では、相手の愛情を確かめる唯一の方法がヤキモチを焼かせることでした。彼が焼いてくれると『まだ必要としてくれている』って感じるので、確かめてばかりいました」

と語るのは、都内にある出版社で編集者として働いている歩美さん(仮名・35歳)。色白の肌に、黒目がちで少し下がった大きな瞳から、女優の清野菜名さんに少し雰囲気が似ています。カラーをしばらくしていないという肩まである黒髪も、透明感のある全体のイメージに良く似合っています。

「出身は神奈川県で、両親と8歳上と5歳上に兄のいる5人家族です。私は親族の中で唯一の女の子だったので、祖父母や両親、年の離れた兄たちからも甘やかされて育ちました。小さい頃の自分を今振り返ると、本当にワガママ三昧の子どもでしたね。自分のことをお姫様だと本当に思っていましたから (苦笑) 。

小さい頃の影響で、“男性と年上の人は基本的にみんな優しい”とずっと信じていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「本当の初めては中学生のときに一瞬だけ付き合った同級生の男の子ですが、ちゃんと付き合ったのは高校生のときに当時学校で人気のあった1歳上の先輩です。私のほうから好きになって、当時先輩は彼女持ちだったんですけど、先輩と同じ部活の同級生を使って近づいていき、奪ったんです。

付き合った当初から私は奪った女として、先輩は長年の彼女を捨てた男として印象が最悪で、あまりみんなの前で堂々とした感じではなかったけれどそれがより恋を盛り上がらせて、在学中はずっと仲良しでした。相手が卒業したら大学生の女とすぐに浮気をされて、別れてしまったんですけどね」

彼女持ち、既婚者の恋愛の対象内

1 2