恋愛&結婚 【セカンド女子】モテるけど2度目が無い奥手美人、どんどん失っていく余裕~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪で歯科助手の仕事をしている久保真琴さん(仮名・36歳)。パッチリとした大きな瞳に、口角の上がった印象的な唇が印象的な美人です。最近ショートカットにしたそうですが、フワッとした丸みのある髪型は本人の雰囲気によく似合っています。全体的にほんわかしており女性らしい、男性からモテそうな感じがします。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪の市外の北の地域で、両親に1歳上の姉との4人家族です。両親はけっこう甘かったと思います。1歳年上の姉がすべてのことにキチッとしている神経質なタイプで、私はのんびりしているタイプだったので、大人になるにつれて親よりも姉に怒られることのほうが多かったですね……。年子なのに、口ではまったく勝てなかったので、ケンカというよりも怒られることのほうが多かったんですよ。両親もおっとりしているので、姉だけがしっかりしていて家族をまとめていた感じですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年生の時です。小学校の頃からモテてよく告白されることが多くて、それにかなり調子に乗っていました。初彼は好きとかではなく、人気があった男子に告白されて、うらやましがられたくて付き合った感じです。彼はサッカー部のエース的な子で、バレンタインデーでチョコをたくさんもらうようなモテキャラでした。その子とは登下校を一緒にしたり、休みの日に買い物に行ったぐらいで、キスもせずに手をつないだだけでしたね。1年ももたずに受験だからという理由で振られました。特にショックでもなかったんですが、その後女子からのいじめがあって辛かった記憶があります。彼と付き合っていた時はちやほやしてくれていたのに、別れた途端に無視されたりとか、聞こえるように悪口を言われたりとか……。男子は相変わらずみんな優しかったんですが、ちやほやされて目立ちたくないという思いから中学時代はおとなしく過ごしましたね」

その後も、ちゃんとした彼氏はなかなかできなかったといいます。

「高校に進学後は仲のいい女友達もできて、平和な日常を過ごしていました。高校でもそれなりに告白されたりとかモテてはいたんですが、女子グループの中で人気ある男子のことは避けたり、浮かないように地味に過ごしていました。恋愛どころじゃなかったんですよ。無視されたり、独りぼっちになることが怖くて女子の機嫌ばかりを伺っていました。そして何もないまま短大に進学し、その頃には女友達との付き合い方も理解してうまくいっていました。でも男性を避け続けていたので、男性との付き合い方というか、おしゃべりだけでも緊張するようになってしまったんです」

モテるけど、2回目のデートは無し。空回りばかりの合コン

1 2