恋愛&結婚 【セカンド女子】バイタリティー溢れる派手好き女子がハマった“肩書男”~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪の広告代理店で働く木村早智子さん(仮名・37歳)。しっかりと手入れされた茶髪のボブヘアに、キチッとしたブランド物のジャケットを着こなしている姿は典型的なキャリアウーマンといった感じです。意思の強そうな瞳とはアンバランスな訛りのあるゆっくりとしたしゃべり方は一見男性受けしそうに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪府の郊外で、両親と2歳年下の妹との4人家族です。両親はどちらかというと放任主義だった気がします。共働きだったので、特に干渉された記憶もありませんし、厳しくもなかったですね。私自身もそんなに問題を起こした記憶もありませんし、自分のことは自分で決めることが多かったです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校1年生の時です。高校時代は部活にも入っていなかったし、2年生の後半までアルバイトもしていなかったので毎日時間が余っていて、とにかく恋愛にのめり込んでいました。相手は1学年上の先輩です。その先輩を好きになった理由は、友達が先輩と同じ中学出身で中学時代に人気があったからです。中学時代は陸上部で人気があったみたいで知名度もバツグンだったんですが、高校では部活動はしていなかったので特にチヤホヤはされてなかったです。でもその過去の栄光がかっこいいと思ってしまって、猛烈アピールをしました。当時は携帯なんてなかったので彼の家に電話をかけまくったり、食堂で声をかけたりと、とにかく彼の視界に入ろうと必死でしたね。そして数か月後には彼からの告白で付き合いだしました。手をつないで登下校したり、文化祭を2人で回ったりと楽しいことばかりでしたね。すべての初体験は彼でした」

その後も順調に進んでいった2人ですが、別の問題が影響し、徐々に不仲になっていきます。

周りの評価で好きになった男に、周りの評価が理由で振られる

1 2