恋愛&結婚 【セカンド女子】自己犠牲の精神を貫くも、淡い期待を捨てきれない都合のいい女~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、神戸の雑貨メーカーで事務の仕事をしている高木真美さん(仮名・32歳)。フワフワの柔らかそうな茶髪のショートカットに、優しそうな少し下がった大きな瞳が印象的です。カジュアルな服装をしており、おっとりとした柔らかい口調は、優しそうな女性像そのものといった感じです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神戸の西の田舎の地方で、両親と3歳上の姉との4人家族です。両親とも、おっとりしていて厳しかった記憶はないですね。それに、私もよくおっとりしていると言われるんですが、姉がさらにおっとりしていて、本当にやばいくらいしっかりしてなかったんですよ。周りに影響を受けて興味もない高い物を買ってしまったりとか、アルバイト先でシフトを断れずに学校に行けないほど週6でアルバイトしていて留年しかけるとか……。両親の心配は常に姉に向かっていたので、私は自由に育った感じです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学1年生の時です。中学、高校は好きな人もできなかったですね。ずっと共学だったんですが、男性とは友達になってしまって一緒に寝泊まりしても一切手を出されない、典型的な『いい奴』で終わるタイプでした。私も恋愛にそこまで興味がなく、大学に入ってからは元々音楽が趣味だったので、色んなバンドのライブによく出かけていたんです。そんな中、同じ大学に同じロックバンドが好きな男の子がいて、意気投合したんです。それから一緒にいろんなライブに行くようになって、急激に仲良くなりました。彼は少年っぽい幼い感じがするのに、身長が180センチ以上もあるギャップが魅力な人でそこそこ人気のある人でした。最初はまったく異性として意識していなかったんですが、ロックバンドのライブ中の人の波からすごい守ってくれて。男性に初めて女性扱いされて、コロッと好きになっちゃいました。彼とはどちらが告白したとかではなく、会うたびに手をつないだり、カップルっぽいことをいろいろとするようになり、気づいたら彼女になっていたという感じですね」

楽しく付き合いが続く中、彼のある部分が気になってきたそうです。

1 2