恋愛&結婚 【セカンド女子】結婚は諦めた… 劣等感肥大女子~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内でデザイナーとして働いている西田美香さん(仮名・32歳)。トップは茶髪、毛先が金髪といった個性的なロングヘアに、モノトーンでまとめられた服装といった、目を引くような個性的な格好をしている女性です。パッチリとした黒目がちな瞳はかわいい印象を抱き、男性受けしそうです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は滋賀県で、両親と7つ上の兄との4人家族です。両親は共働きで、兄とも歳が離れていたので、鍵っ子でしたね。小さい頃から親のすすめで習い事をたくさんしていました。そろばん、習字、塾、バレエ、水泳と中学までは平日の学校終わりは、ほぼ習い事で潰れていました。これだけの習い事をしていると家がお金持ちの印象を持たれることが多いんですが、普通の家庭ですよ。両親とも仕事人間だったので、私の世話をする時間がなくて、でもしっかりと育ってもらいたくてそんな習い事の量になったのかもしれません」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校の3年生の時です。実は高校の友達には中学の時に彼氏がいたことになっています……。私は当時見た目が大人っぽくて、ませている感じの子で、過去に彼氏がいたと嘘をついちゃっていましたね。高校でできた友達は中学から彼氏がいるような子が多かったので、今まで誰とも付き合ったことがないなんて言えなかったんですよね……。私は典型的な高校デビューだったんです。

高校に入って、髪型などを意識するようになったら急に異性からちやほやされるようになったんですよ。初めての彼氏は、私がずっとカッコイイと騒いでいた他クラスの人です。彼は目立つグループの1人だったんですが、そのグループの中で彼だけはチャラチャラしていなくて、素朴な感じのする人でした。それに同性受けが良くて友達が多い人でそこが好きだったんですよね。彼と付き合ったきっかけは、友達のお節介から私が好きなことが彼の耳に入り、彼もまんざらじゃなかったみたいで、周りにくっつけられた感じでした。でも好きな人と付き合えたのは本当に嬉しかったですね。自分が好きな人が、自分のことを好きになるなんてないと思っていたので」

初彼との付き合いはなかなかうまくいかず、彼に合わせることに必死だったそうです。

1 2