恋愛&結婚 【セカンド女子】彼と一緒にいてドキドキしないなんて恋愛じゃない!恋愛モード優先女 ~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪で歯科助手のアルバイトをしている熊谷早紀さん(仮名・35歳)。黒髪のワンレンボブヘアに、モノトーンのカジュアルな服装をしている彼女は、黒目がちなパッチリ二重のかなりの美人です。財布やキーケースといった小物類はブランド物を使用しているようですが、その他の持ち物にも派手さはなく、男性が好みそうな女性です。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は岡山県で、両親と5歳上と3歳上の兄との5人家族でした。父は私が26歳の時に病気で亡くなりました。高校卒業までは実家で過ごしていたんですが、父親は厳しかったですね。頑固親父って感じでした。その分、母親は優しかったです。よく父親に怒られたのを母親が慰めてくれていました。2人の兄とも仲良しです。どちらの兄も私にはベタ甘でしたね。特に一番上の兄は優しくて、カッコよくて、ちょっとだけ私はブラコン気味かもしれません」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年生の時です。クラスメイトです。私のほうから好きになって、猛烈アピールをした感じですね。彼はバスケ部のキャプテンで、クラスでも面倒見の良いリーダーみたいなタイプの人でした。地元が田舎なので、自転車で30分くらいかかるところに通学していたんですが、彼も私と同じ通学路で家が同じくらい遠かったんです。偶然を装って登下校を無理やり一緒になるようにして、2人で行動することを増やしてどんどん仲良くなりました。最後は告白されて付き合いました。彼はモテていたので、付き合うことをやっかむ女子グループもいましたが、変わらず仲良くしてくれる友達もいたので平気でした。中学時代は本当にラブラブでしたね。彼とは勉強のレベルも同じくらいだったので、同じ高校を目指し、3年に上がってからは一緒に勉強をするなど、とにかくいつも2人一緒に過ごしてましたね」

その後、2人とも同じ高校へ無事合格。高校時代も2人の付き合いは続きます。

1 2