恋愛&結婚 【セカンド女子】妻は私なハズなのに……結婚生活2番手女~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で化粧品関係会社のOLをしている相川陽子さん(仮名・33歳)。茶髪の軽いウェーブのかかったショートヘアがよく似合い、ハキハキとした喋り方をしているせいか、活発な印象を受ける女性です。持ち物や衣服にはブランド物は一切なく、本人も「できる限りお金をかけない主義」だと言います。度を越していない倹約家なところは男性受けが良さそうな感じがしますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は四国の香川県で、両親と3歳下に妹がいる4人家族です。ウチは典型的な亭主関白な家でした。父は建築関係に勤めていて、母は専業主婦で家事全般をすべてしていました。父が家の用事をしているところは見たことがありません。家族で食事に行く時も運転は母親で、何を食べに行くかは父の独断でした。そんな頑固と言ったら響きはいいかもしれませんが、結局はただの我がままだと思っていたので、父親のような男性は大嫌いでした。その影響からか、学生時代から女子を批判する男子や、やたら大声を出す体育教師などが本当に苦手でしたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「専門学校の時です。中学、高校はまったく何もなかったんです。好きな人はクラスメートとか、部活の先輩にたくさんいたんですが、憧れていたぐらいで何も行動をしなかったらそのまま何もなかったんですよ……。中高ともにバスケ部に入っていて、本当に部活しかしていませんでした。高校卒業後はデザイン系の専門学校に進んだのですが、親の反対を押し切って東京に行きました。進路を親に伝えてから半年ほどは、父親とはすごい険悪でしたね。とにかく家を早く出たかったので、高校時代は近所のスーパーのアルバイトを部活と掛け持ちをして必死に働きました。学費は親に出してもらったんですが、引越し費用や、一人暮らしの家具はすべて自分で揃えました。仕送りも少ないことが東京に行ける条件だったので、専門学校時代も必死でアルバイトをしていました。初めての彼氏はアルバイト先で出会った人です」

初めてできた彼とは最初こそ楽しかったようですが、徐々に彼の本性が明らかになり、辛い時間へ変わっていったそうです。

「彼は同い年で、東京出身のスマートな雰囲気のする男性でした。東京で居酒屋のバイトを始めたんですが、私も彼もオープニングスタッフですぐに仲良くなり、誘われるがままに2人で遊ぶようになって、告白されて付き合いました。東京での遊び場所はすべて彼から教わりましたね。初めての彼氏、東京という都会、親からの解放で、学校とバイトでバタバタだったのですが、とても充実した毎日でした。

彼とは3か月ほどはうまくいっていたんですが、徐々に束縛がきつくなってきたんです。急に男とは喋るなとか言い出して……。彼のことは好きだったので、男性を避けるように過ごしていましたね。さらに彼の要求はエスカレートしていって、私を監視しようと家に入り浸るようになりました。毎日のように、隙があるから男が寄ってくるとか言われ続けて……。実際は彼以外にモテていなかったので、完全な妄想で怒られていたんです。彼の上から発言に心底嫌気がさして、結局半年ほどでお別れしました。バイトも別れたのと同時に辞めました」

生理的に無理じゃなければ、と思って付き合いを繰り返す

1 2