恋愛&結婚 【セカンド女子】旦那と年上女が私たちの家で……出会った時から2番目だった無難女子~その2~

彼の潔白を信じたい。その一心での行動はある最悪の展開を迎えました。

「その日は深夜勤務のシフトを伝えていたんですが、早番で早めに帰宅しました。そして帰宅したら、ある女とお楽しみ中でした……。私たちのベットで……。昼ドラかなって、しばらくは受け止められなかったですね。女のほうを確認すると、同じ会社の本社勤務のマネージャーをしている女性でした。既婚者でしたね。すぐに相手の旦那を呼び出して、4者対談みたいな感じになりました。仲裁の人が必要と思ったので、深夜に相手の店の店長、私の店の店長にも来てもらったりしましたね。そこからはお互いの親を含めて話し合いが進み、結婚から1年も経たずに離婚が成立しました。私の父親が彼に殴りかかるなど、冷静な話し合いなんて1度もなかったぐらい、本当に別れるのはすごくしんどかったですね……。もちろん、慰謝料をもらって、彼には仕事を辞めてもらいました」

彼女の話を聞いて、今でもそのことが影響してか、波風を立てずに静かに過ごしたい願望が普段の姿から見えました。そして今の恋愛はというと……。

「誰とも付き合っていません。もう恋愛は嫌です。だって私と付き合う前からあの女と不倫していて、別れている間に私と結婚して、その数か月後に戻っていたんですよ!あの女は私たちの結婚式にも出席していて、集合写真にも写っていました。もう、彼と出会ったところからやり直せるのであれば、人生をやり直したいですよ。女のほうも仕事を辞めて、今は専業主婦になっているみたいです。相手夫婦は離婚しなかったみたいなんです。旦那さんの意地もあったみたいですけど、結局は私の元旦那のほうが遊びだったんでしょうね。2人が一緒になるよりかは少しだけ気分はましですが、相手夫婦はそのままかと思うと悔しい気持ちもやっぱり残っていますね……。今は、結婚以外で父親に親孝行できることを必死で模索中です」

「結婚式の集合写真で写っているあの女の笑顔は、今思い出しても腹が立ちます」と麗香さんは語ります。

1 2