恋愛&結婚 【セカンド女子】二番目でいいから離れないで!両親の介護に明け暮れる一人っ子が選んだセカンドという道~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の通信会社で経理の仕事をしている江口貴子さん(仮名・37歳)。鎖骨まであるきれいに整えられた茶色のストレートヘアに、上品さを感じるひざ丈のワンピースを上手に着こなしています。カバンの中もきれいに整頓され、派手すぎない化粧やネイルなどから、上品な女性の雰囲気を感じます。一見本命彼女になりそうな、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は東京都の西のエリアで、両親との3人家族です。父親はサラリーマン、母親は専業主婦です。私は両親が40歳手前の遅い子どもだったので、とにかく溺愛されていました。両親とも厳しかった記憶なんてまったくありません。近くに父方の祖父母もいて、私は初孫だったこともあり、欲しいものは何でも買ってもらっていました。そこまで裕福ではなかったはずなんですがね。私もあのまま大きくなっていたらきっとわがままに育ったと思いますが、しっかりしていた友人に恵まれたこともあり、特に親を困らせたことなんてなく、真面目な学生生活を過ごしましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校3年生の卒業間近の時です。ずっと片思いしていた他クラスの男子でした。彼とは1、2年で同じクラスになり、いつからか好きになっていました。でも告白なんてできないまま、3年でクラスが別れてしまい、このまま卒業かと思っていた時に、彼から告白して来てくれたんです。どうやら私の友人のおせっかいで私が彼のことをずっと好きなことを知って、自分も好きだったから告白してきてくれたみたいです。お互い受け身で消極的な部分が似ていて、一緒にいるとすごく楽でした。大学は別々だったんですが、大学進学後も彼とのお付き合いは続きました」

彼は大学へ、彼女は短大へ進学と別々も、順調に付き合いは続いたそうです。

「彼とのお付き合いは、高校を卒業してからも続きました。彼は大学、私は短大へ進学したので、会えるのは平日の夜か、土日だけだったんですが、会える時はとにかくいつも一緒にいましたね。短大では付き合いが悪いと言われてしまい、仲の良い友達はできなかったです。それでも彼といたかったので。お互い浮気の心配もなく、大きなケンカもなく、平和そのものでした。お互い実家だったので、付き合ってすぐに親の公認にもなり、どちらかの家で晩御飯を食べることも多かったです。

その関係は私が卒業して就職してからも続きました。就職先はスポーツブランドの事務の仕事です。最初は仕事に慣れるまではバタバタしてしまい、彼との時間をおろそかにしてしまっていたんですが、半年ほどで仕事に慣れたこともあり、そこからは休みの日はずっと彼と一緒にいる生活に戻りましたね。彼はとにかく穏やかな人で、仕事の愚痴などもすべて聞いてくれていました」

大学生の彼よりも、社会人の年上男性に心が傾く

1 2