恋愛&結婚 【セカンド女子】プライベートな時間はすべて両親の世話……。結婚を拒否された彼と離れないために選んだセカンドという道~その2~

結婚に向けて、両親の問題などがあるものの、2人なら乗り越えていけると思っていた矢先、彼から別れの言葉があったといいます。

「彼が時間を作ってほしいと言ってきて、私はプロポーズかと思い浮かれていました。でも、彼は私と別れたいと言ってきました。『両親と私の両方を支える気持ちがない』と伝えられました。『結婚を視野に入れているからこそ、早めに答えを出した』とも言いました。やはり彼は、両親に付きっきりになっていた私に不満を持っていたんです……。すごいショックでした。でも、どうしても彼と別れたくなかった。私はその場で『結婚を考えないでいいからこのまま付き合ってほしい』と言いました。でも彼は『結婚したいと思う女性と今後は付き合っていきたい』と私のことを拒否しようとしました。そこでも必死でしがみつきました。今の心の支えは彼しかいなかったので、離れたくなかったんです。そこからも話し合いは続き、結果、私は2番手として彼の側にいると約束しました。新しい彼女ができたとしても、この約束をしていれば私は彼といられるんだとホッとしたのを覚えています」

話を聞いて、彼女は両親の世話というものを重荷に感じてしまい、自分の評価を自ら下げている気がしました。そして今の恋愛はというと……。

「今も彼とは、時々会ってもらっています。彼は一度結婚したんですが、バツイチになって、今は新しい彼女がいるみたいです。結婚している間は連絡も来ませんでしたが、離婚した後から付き合いは復活しました。今は、私の父親はしっかりと歩くことはできませんが、1人で自分のことはできるようになるまで回復しました。母親は父親の側にいるものの、最近はガーデニングの趣味もできて、毎日楽しそうです。両親のお世話が前よりかからなくなったので、私は転職を機に正社員に戻ることもできました。前の会社に残ってもよかったんですが、彼が結婚したばかりの時期にあまりにもその事実が辛くなってしまって、辞めたんです。恋愛と結婚は、今から両親のことを話したりするのが億劫で新しい人には進めずにいます。もうこのままでも結構幸せだからいいかなっと思っています」

「年を取ってからの子供って、育てるのも大変じゃないですか。苦労をして育ててくれた恩を、これから返していきたいです。結婚はその次です」と貴子さんは笑顔で語ります。

1 2