恋愛&結婚 【セカンド女子】お金貸す条件は彼の愛!? 恋人のフリでも手に入れたかった友達じゃない男女関係~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の印刷関連の企業で働いている太田未来さん(仮名・32歳)。肩まである、明るい栗色のストレートヘアに、全体的にふくよかな体形を総柄のワンピースでうまく隠しており、柔らかそうな女性らしい雰囲気を感じます。「ちっとも痩せないんです。ご飯もおいしいんですけどね(笑)」と、明るく語るその姿は好感が持てました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と2歳下の妹の4人家族です。父親はサラリーマン、母親はパート勤務を以前はしていました。妹とは仲は良かったんですが、周りからはよく比べられてきました。妹はすごくかわいい顔をしているんですよ。私は小学生の頃からぽっちゃりしていたんですが、妹は華奢で細身体形。小さい頃はよく家まで妹のことを好きな男子が告白しに来ていたぐらいモテモテでした。卑屈にならなかったのは、私のほうが頭が良かったからかな。唯一妹に勝てる部分でしたね。でも、学年では真ん中ぐらいです。妹が勉強できなかったんですよ。まぁ、そこがかわいかったんですけどね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時です。私は野球部のマネージャーをしていたんで、相手は野球部の部員でした。顔は全然タイプじゃなかったし、2年だったのに補欠で目立つタイプの子じゃなかったんですが、私を女の子扱いしてくれたんです。私は高校の時にはさらに体重が増えちゃって、みんなから体型をいじられるようになっていました。いじめではなく、明るい感じでひどいことを言われるみたいな感じだったんです。私も笑顔で対応していたんですが、たまに辛くなることもあって……。そんな中、彼は唯一重い荷物を持ってくれたり、しんどそうにしてたら気遣ってくれていました。そこに惹かれてしまって……。

彼とは部活の打ち上げで私のほうから告白して付き合いました。冷やかされるのは嫌だったので、みんなには内緒で付き合いましたね。見つからないように遠出してデートしたり、私の女友達に協力してもらってグループで出かけたり、必死に隠したので、結局誰にもばれませんでした。でも、彼は地方の大学へ進学してしまって、遠距離が続かなくて別れてしまいました。地方で好きな人ができたと、振られちゃいました」

未来さんは都内の大学へ進学。大学時代は好きな人はできるものの、恋愛には発展しなかったそうです。

「大学では男女共に友達は多くできました。でも、それだけでしたね。出会いがあるかもと、テニスサークルや飲み会サークルなどに入ったんですが、みんなに友達扱いしか受けなかったです。私も大学では女性らしいキャラでいきたいなと最初こそ思っていたんですが、やっぱり体型のことをいじられたら明るく返すしかなくて……。

これでも小さい頃から、ありとあらゆるダイエットに挑戦していました。りんごダイエット、朝バナナダイエットとかを試しても、最初こそ3キロほどはすぐに落ちるのに、その後の停滞中に諦めちゃって……。たまにぽっちゃりしている女性のほうが好きだと言い寄ってくる男性もいたんですが、私の好きなタイプではなくて……。大学では2歳上の先輩を好きになったんですが、何もなかったです。あまりに脈がなさそうで、告白なんてできないですよ……」

就職先ではやりがいを感じていた矢先に……。

1 2