恋愛&結婚 【セカンド女子】彼氏ができると振り向いてくれる!?一途女性が選んだ、離婚を待ち続ける人生~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で医療事務の仕事をしている石川恵里佳さん(仮名・34歳)。きめ細かい色白の肌に、フワフワのパーマがかかったセミロングがよく似合っています。服装などは原色好きなのか、水色のワンピース、黄色のアイシャドウに、黄色のマスカラなど個性的な部分も目につきます。「普段は仕事もあって地味な格好をしていることが多いので、オフの日はお化粧にも力を入れています」とのこと。小柄で少しぽっちゃりとした肉厚な感じと、色白のもち肌は男性受けも良さそうです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は北海道で、両親と3歳上の姉との4人家族です。父親は運送業であまり家にいなかったですね。母親は専業主婦で、父親が不在だった分少し厳しかったです。でも、家族仲は良いほうでした。大型連休には、よく家族で出かけたりしていました。今でも年末には家族が集まって、近場の旅館などで1泊するのが恒例行事になっていますね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校3年の時です。私には小学校からの幼馴染がいるんですが、その男の子にずっと片思いしていたんです。彼は顔も成績も普通なのに、学生時代ってスポーツができるとモテたりするじゃないですか。彼は典型的なそんなタイプで、サッカー部でちょっとした人気者でした。彼は中学から彼女ができたりしていて、小学校から中学に上がった頃から徐々に疎遠になっていたんです。でも私は好きだったので、彼と同じ高校に進学して、1年の時に同じクラスになってから再び仲良くなっていきました。でも、あくまでも幼馴染としてで女扱いは全くされなくて……。

そんな時に同じクラスの男子に告白されて、勢いで付き合った感じですね。でも、その子と付き合ったことで、幼馴染の彼が焼きもちを焼いているのがわかりました。私には彼氏が、彼にも彼女がいる中でいい感じになって、告白したら付き合えたんです!すぐに付き合っていた彼には別れを告げて、彼も彼女と別れてきてくれました。10年越しの片思いが実った時は嬉しくて、毎日ずっと彼のことだけを考えていましたね」

ずっと好きだった人と付き合えたのに、あることで言い合いが増えてしまい……

1 2