恋愛&結婚 【セカンド女子】若い頃モテた記憶が忘れられない……、年々出会いが減ってきたアラフォーがハマる10歳下の自由人~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で医療事務の仕事をしている立花律子さん(仮名・39歳)。鎖骨まである手入れされた黒髪に、色白の肌とパッチリとした大きな瞳が印象的な清楚系美人、律子さんの第一印象は、そんな品の良さを感じました。服装も白を基調としたシンプルなデザインのもので、年齢相当の落ち着きも感じます。美人で人当たりも良く、上品な雰囲気を感じる律子さんはなぜ独身なのでしょうか……。彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と5歳下の妹との4人家族です。父親は開業医で、実家は歯医者です。開業医って儲かっているイメージがあると思うんですけど、小さい頃からあまり贅沢はさせてもらえませんでしたね。父が倹約家というか、質素な暮らしを好む人だったんです。なので、家族で海外旅行なんて行ったこともありませんし、年に1回の贅沢と言えば、お盆の時期に行く国内旅行だけでしたね。でも、そんな父にみんな合わすのが普通で、家族仲は良かったですよ。両親ともに厳しくはなかったので、好き勝手やらしてもらっていました。実は妹は歯科医になったんですが、私はそこまで勉強もできなかったし、努力もやり続けられるタイプじゃなかったので、今の職業に就いた感じですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の頃です。学生時代が人生のモテピークだったんじゃないかなと思うほどモテたんですよ。中学では、1歳年上のバスケ部の人に告白されて付き合いました。彼のことは告白されるまであまり知らなかったんですが、カッコよくて人気がある人だったので、いいかなと思って。私の頃の中学生の付き合いなんて、進んでいる子でもキス止まりで、私は手をつないだりしたくらいです。

結局彼とは、彼が高校生になってしばらくした後に連絡が来なくなり、自然消滅した感じです。私もその頃には彼に興味がなくなっていたので、傷ついたり凹んだりはした記憶は残っていませんね。初めての彼じゃなかったら彼氏の人数のカウントにも入れなかったんじゃないかって思うくらい、もう記憶があやふやです(笑)」

高校・大学時代は同級生だけでなく、先輩からもちやほやされるモテ期に入ります

1 2