恋愛&結婚 【セカンド女子】2人の男性と関係中に妊娠発覚!? 後ろめたい気持ちから旦那の浮気を黙認する日々~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で人材派遣のコーディネーターとして働いている石村亜希さん(仮名・33歳)。フワフワに巻かれたロングヘアに、体のラインが出るワンピースが良く似合っている美人です。背が低く、丸顔からか、どちらかというと可愛らしい印象もありますが、高めのヒールにハッキリとわかるアイラインやリップなどを使って、その可愛らしさを無理矢理消しているようにも見えます。全体的に男性受けが良さそうに感じる亜希さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は静岡県で、両親との3人家族です。父親は普通のサラリーマン、母親は近所のスーパーにパート勤務していた普通の主婦です。どこにでもいるような普通の家庭だと思います。唯一違うところと言えば、父親と母親の年齢差は8歳あるんですよ。母親が年下で、私から見てもあまりしっかりしていないところが多かったですね。料理も下手だったし、掃除も得意じゃなかったんじゃないかな。でもそんな母親を父親は怒ることはなく、カバーしている感じでした。週末は父親がごはんを作ることも多くて、私と母どちらにもベタ甘でしたね。夫婦仲も良かったですよ。仲の良い両親は、私の理想にもなっていましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学1年の時です。地元は田舎で、偏見かもしれませんが、他に遊べるような娯楽が少ない分、みんな異性と付き合うのが早かったんだと思います。中学の時からクラスには数組のカップルがいて当たり前でしたから。最初の彼はクラスメートで、出席番号が近くて仲良くなって、彼の告白から付き合うようになりました。彼とは2年に上がってクラスが別れたら疎遠になってしまい、他に好きな子ができたと振られました。私は彼のことが好きだったのでショックは受けましたが、私にもすぐに新しい彼氏ができたこともあり、凹んだのは一瞬だったと思います(笑)。恋愛の切り替えが早いタイプなのかも、と自分のことを冷静に分析していましたね(笑)」

高校時代にモテ男からの告白、付き合うも彼を1番にすることはできず……

1 2