恋愛&結婚 【セカンド女子】男性にすべてを合わせる尽くし系女子、依存型恋愛の果てに掴んだ結婚生活の行方は?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、埼玉県で派遣スタッフとして働いている田中百合子さん(仮名・35歳)。地毛ながら茶色の髪や、目鼻立ちがハッキリとしており、ハーフっぽさもある百合子さんですが、100%日本人とのこと。「父方が沖縄で、私なんかまだ薄顔に入るくらいですよ。親族が集まると威圧感はありますね(笑)」と笑顔で語ってくれたところから、人当たりの良さを感じました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は沖縄県で、両親と8歳下の弟との4人家族です。父親は地元で建築関係の仕事をしていて、母親は専業主婦でした。夜はいつも一緒に食事をする決まりがあったり、週末には近場の公園や海に家族で出かけたりと、家族仲は良かったんですが、私が小学校4年生の時に両親が離婚しました。私と弟は母親についていくことになり、そこで沖縄から母の実家がある埼玉に引っ越したんです。当時は弟もまだ2歳で面倒を見ないといけない時期で、私も周りの環境についていくことだけで必死だったので、あまり寂しかった記憶はありません。父親とは、定期的に会っていましたね。離婚後もお正月のときにお墓参りも兼ねて、父方の実家に行ったりしていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生になった時でした。小学校4年の2学期に沖縄から埼玉に転校して、まったくと言っていいほど地域になじめなかったんです。小学校と中学校は、本当に暗い子だったと思います。高校では同じ中学校の生徒があまりいなかったので、ここでデビューしようとオシャレを頑張ったり、お化粧を覚えたりと努力しました。その結果、高1の夏休みに彼氏ができたんです。彼はクラスメイトで、最初から私に優しくて、高校に入ってすぐに好きになった人でした。付き合ったきっかけはどちらからの告白でもなく、2人で行動していた時に手をつなぐようになって、自然と周りから彼氏彼女という扱いになっていった感じですね。彼のことは、今思い出しても今まで付き合った人の中で一番好きです。最初から大好きで、付き合っていく期間が長くなるにつれてその気持ちもどんどん大きくなっていきました」

大好きな彼との付き合いは大学、社会人と続きます

1 2