恋愛&結婚 【セカンド女子】もう子どもは産めない……大病を経て、選んだ男性はその現実を理解してくれた既婚者だった~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で派遣スタッフとして働いている木戸純子さん(仮名・35歳)。キレイな栗色のボブヘアに、きめ細かい白い肌を持つ、清楚な雰囲気のある女性です。化粧や服装に派手さはないものの、赤とゴールドのネイルがひと際目立っています。「ネイルは気持ちが滅入ってた時期に始めたもので、今も女性としての部分を奮い立たせてくれるんですよ」とのこと。控えめな女性らしさを感じる、純子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と3歳上の姉との4人家族です。父親はサラリーマン、母親はパートの兼業主婦といった普通の家庭ですよ。姉とは小さい頃はよくケンカをしましたね。3歳上だったので、中学では制服や体操着などのお古がそのままスライドしてきて、それが嫌で嫌で……。姉のせいではないのに、腹いせに姉の私服を勝手に着て、それが原因でケンカになってました。それから姉との仲は険悪で、私が大学生になるまでは口もほぼ聞いてなかったですね。お互い頑固だったんです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年の時です。好きな人がクラスメイトにいたので、告白して付き合うことになりました。私は思ったことをためておけないタイプで、好きになったら猛アピールしました。彼は帰宅部だったので、家の近場でアルバイトをしていたんですよ。その場所を探し当てて、私もそこでアルバイトを始めました。私の家からは2駅ほど離れた場所だったんですけどね。そこからどんどん仲良くなって、という感じです。彼はカッコよくて、クラスでもそこそこ人気があったので、とにかく接点を作りたかったので。彼とは結局、高校卒業までにケンカが増えて、どちらも意見を変えられずに別れました」

大学時代は友人、新しい彼氏にも恵まれ、青春時代を謳歌していた中、病が純子さんを襲います。

1 2