恋愛&結婚 【セカンド女子】もう男性は信じない……。すべてを受け入れてくれた人から突きつけられた離婚届け~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、千葉で家事手伝いをしている戸田光香さん(仮名・34歳)。切れ長のややつり上がった瞳に、長い髪を1つにキツく結んでいる姿はキチッとした女性という印象を受けました。服装や持ち物はモノトーンで装飾がないシンプルな物が多く、化粧っ気も感じません。どことなく女らしさがなく、ギスギスした感じがする光香さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で両親との3人家族です。父親はサラリーマン、母親は専業主婦です。うちの家族はとにかく何をするのも父親の意見が最優先で、母親と私は外食のお店さえ決めたことがありません。そのくらい父親は威厳があったというか、怖かったんです。激しく怒られた記憶もないんですが、『ダメだ!』と一喝されて、その話は終わるって感じでした。今でこそ70歳を超えて、昔よりは柔らかくなったとは思いますが、今でもそんなに会話は弾みませんね。どこかに出かけるのは母親と2人が多いです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年の時です。バスケ部に入っていたんですが、同じ部活の1つ下の後輩の男の子からなぜか好かれて、押されまくって付き合うことになっていました。彼はお世辞にもカッコいいキャラじゃなく、笑いを取りにいくようなお調子者キャラで、一緒にいるとラクで楽しかったんです。そんなところに惹かれて、告白されて1度は断ったんですが、2度目にOKしました。そんなに押されて付き合ったんですが、彼とは1年も続きませんでしたね……。私が3年に上がってすぐくらいの時に、他に好きな人ができたと言われて振られました。私は卒業するまで彼のことが好きだったので、新しい彼女と一緒のところを見かけると辛かった記憶が残っていますね……」

大学は出会いの場に溢れ、気になる男性ができたそうですが……

1 2