恋愛&結婚 【セカンド女子】どうして結婚してくれないの!? 8年付き合った彼から突き付けられた、衝撃の一言~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で事務の仕事をしている三田明美さん(仮名・36歳)。鎖骨まである茶髪に、赤のタートルネックと黒のタイトスカートが似合っています。男性なら確実に目がいくだろう、スレンダーながら豊満な胸元が印象的です。「胸は小さい時からのコンプレックスですよ。年を重ねるごとに下がっていく心配もあるので、みなさんが思うほどいいことなんて何もないです……」。面立ちにやや地味さがあるものの、女性らしい体形や品の良さそうな感じは男性受けしそうです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は新潟県で、両親との3人家族です。父親は普通のサラリーマンで、母親はパートをしている兼業主婦です。昔から厳しすぎることもなく、過保護でもないような普通の家庭だと思います。友達と家族の話をしていて、うちの家は他と違うと思ったことはないので。母親とは特に仲良しですよ。私は1人娘で、母が20代前半に生まれた子なので母はまだ50代です。気持ちも若いみたいで、よく父親を放って東京に遊びに来ます。会う度に『結婚はどうした?』と聞かれるのだけが、ちょっと困るんですけどね……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。都内の大学に進学して、一人暮らしを始めました。地元は夜の19時過ぎには静かになってしまうような町だったので、東京の暮らしはとても楽しかったです。1年生の頃は訛りを一生懸命直して、流行りの服を着て、夜の街で遊びまくっていましたね。初めての彼は、クラブで声をかけられた男性の友人でした。ナンパされて、後日みんなで飲み会をしようということになって、その人が連れてきた友人の1人でした。彼は6歳年上の社会人で、飲み会にはスーツで参加していて大人っぽい雰囲気にドキドキしました。顔は普通よりちょっとだけカッコいい感じでしたが、気配りができたり、出身が東京でスマートなところに最初から惹かれてしまいましたね。その場の飲み会で連絡先を交換して、私から何度か食事に誘って、告白して付き合うことになりました。告白したら『いいよ』と言いながら、はにかんだ笑顔は今でも覚えています」

初めてできた彼氏との生活は楽しく、学生時代に結婚願望が目覚めて……

1 2