恋愛&結婚 【セカンド女子】恋愛下手が勇気を出しても「この関係は俺が結婚するまで」。2番手にもなれなかった、みじめな結果~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のネイルサロンで働いている吉田恭子さん(仮名・32歳)。胸まである黒のワンレンヘアに、深緑のタートルネック、ハイウエストのタイトスカートを履いており、濃いめの化粧からか、派手な印象を受けました。ハキハキと喋る割にキツさはなく、男女共に友人が多そうなタイプに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は東京の下町で、両親と5歳上と2歳上に2人の姉がいる5人家族です。家族仲は良いと思います。父親が何でも家族一緒にという考えの人だったので、今でも家族で年末年始は旅行に行っていますから。実は3人とも結婚していないんですよ。姉2人ともまだなので焦らずに済んでいるし、親の結婚への圧迫はすべて姉たちが請け負ってくれている感じです。末っ子は楽をさせてもらっています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「実は、まだちゃんとしたお付き合いはしたことがないんです……。自分でもかなりヤバめなのはわかっています。でも、世の中の女性に聞きたいですよ。どうやったら彼女として付き合うことができるのか。10代の頃から恋愛マニュアル本を読み漁ったんですが、成果もなく……。

高校時代は仲良くしていた子が全員彼氏がいなかったので、まぁいいかと焦りはなかったです。友達と過ごすほうが楽しいんじゃないかとさえ思っていました。好きな人はいましたよ。2つ上の先輩だったんですが、彼は私が片思いしていた期間はずっと彼女がいましたし、モテ男だったので好きなことはもちろん、私の存在さえ知られてないんじゃないですかね。その彼のことも高校を卒業後にはすぐ忘れられたので、ただの憧れだったんじゃないかなと今は思っています」

専門学校では仲良し男女グループに入ることができたものの……

1 2