恋愛&結婚 【セカンド女子】ちやほやされた日々を経て、年下キャラからアネゴキャラへ……。寂しさから12歳年上の既婚者へ走ってしまう元受付嬢~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のIT関連の会社で働いている羽田広美さん(仮名・39歳)。キレイに整えられたショートボブに、上下グレーのスーツがよく似合っている大人の雰囲気がある女性です。顔に派手さはないものの、ブルー系のアイシャドウ、ベージュの口紅がよく似合っています。話し方から少し気が強そうな、勝気な感じがする広美さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、両親と3歳下に弟がいる4人家族です。父親は普通のサラリーマンで、母親も弟が小学生に上がったあたりから働き出していたと思います。小さい頃は鍵っ子で、弟の面倒をよく見ていた記憶がありますね。両親とも仕事に忙しい人だったんですが、特に寂しいと思ってなかったです。休みの日には家族でお出かけをしていたし、その当時の弟はとてもかわいくて、お世話をするのが楽しかったんです。弟は近所でも有名なかわいい子だったんですよ。今は見る影もないですけどね(笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学の時です。私は今でこそこんなサバサバしたキャラなんですが、学生時代は内向的で、おとなしいグループに入っていて、高校まではまったく恋をするような環境じゃなかったんです。みんなとジャニーズの話題で盛り上がるのみでしたね。

高校から都内の大学に進学して、そこでなぜか同じゼミを選択していた同い年の男子に気に入られたんです。彼は社交性もあって、ピアスをして髪を明るくしているなど派手で目立っていた人で、当時の私とはまさに正反対でした。最初は彼に構われることで私も目立ってしまうことが嫌で彼を避け続けたんですが、それでもめげない彼にほだされた感じですかね。でも、彼とは友人期間は1年ぐらいで、付き合ったのは3か月ほどでした……。『付き合ったら私の感じが思っていたのと違う』と言われて、振られたんです。振られた理由は今でもよく理解できません。適当な言葉を並べられていましたが、結局は他に好きな人ができただけだと思っています。私と別れた後、すぐに他の子と付き合っていましたから」

就職先では花形の受付嬢として、どんどんキレイになっていく

1 2